ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

addOpening

クラス: slTunable

slTunable インターフェイスにおけるループ開始点リストへの新しいループ開始点位置の追加

構文

addOpening(ST,signalID)

説明

addOpening(ST,signalID) は、signalID で参照される信号の位置を、slTunable インターフェイス STOpenings プロパティに追加します。ST が関係するすべての調整コマンドおよび解析コマンドでは、Openings の位置にループ開始点が適用されます。

ヒント

  • 特定の解析または調整の要件に対応するために、ループ開始点をオプションで適用する位置を追加するには、slTunable.addSwitch を使用します。

入力引数

ST

Simulink® モデルを記述する slTunable インターフェイス

signalID

STOpenings プロパティに追加する 1 つまたは複数の信号を識別する文字列または文字列のセル配列。各文字列には、次のいずれかを設定できます。

  • 信号名 ('u' など)

  • 出力端子が 1 つだけのブロックのブロック パス ('Motor/PID' など)

  • 信号の発信元のブロックおよび端子のパス ('Controller/1''Controller/u' など)

Simulink モデル rct_cascade を調整する slTunable インターフェイスを作成します。信号 y1 にループ開始点を追加します。

open_system('rct_cascade')
tunedblocks = {'C1','C2'};
ST0 = slTunable('rct_cascade',tunedblocks);

addOpening(ST0,'y1');

ST0 が関係するすべての調整コマンドおよび解析コマンドでは、y1 においてループ開始点が強制的に適用されます。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?