ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

operpoint

Simulink モデルで操作点オブジェクトを作成します。

構文

op = operpoint('sys')

代替方法

関数 operpoint の代替方法として、線形解析ツールで操作点を作成します。「仕様に基づく定常状態の操作点 (平衡化)」を参照してください。

説明

op = operpoint('sys') は、Simulink® モデル sys の操作点を含む、オブジェクト op を返します。線形化モデルを作成するには、関数 linearize でこのオブジェクトを使用します。操作点オブジェクトのプロパティは次のとおりです。

このオプションのプロパティは、直接または関数 set を使用して編集します。

モデル

Model は、この操作点オブジェクトが参照する Simulink モデル名を指定します。

状態

States は、Simulink モデル内の状態の操作点を説明します。States プロパティは状態の操作点の値を含む状態オブジェクトのベクトルです。Simulink モデル内で状態をもつ各ブロックに対して 1 つの状態オブジェクトがあります。States オブジェクトは、次のプロパティをもちます。

Nx

ブロック内の状態の数。このプロパティは読み取り専用です。

Block

状態に関連するブロック。

x

ブロック内の状態値を含むベクトル。

Ts

サンプル時間と状態のオフセットを含む配列。

SampleType

連続状態の場合は CSTATE、離散状態の場合は DSTATE をこの値にセットします。

inReferencedModel

状態がリファレンス モデル内にある場合は 1、それ以外の場合は 0 にこの値をセットします。

Description

ブロックを説明するテキスト文字列。

入力

Inputs は、操作点での入力レベルを含む入力オブジェクトのベクトルです。Simulink モデル内のルートレベルの各 inport ブロックに対して 1 つの入力オブジェクトがあります。Inputs オブジェクトは以下のプロパティをもちます。

Block

入力ベクトルが関連付けられている Inport ブロック

PortWidth

対応する Inport の幅

u

操作点での入力レベルを含むベクトル

Description

入力を説明するテキスト文字列

[時間]

Time は、モデル内の任意の時変関数が評価される時間を指定します。

Simulink モデル magball に操作点オブジェクトを作成するには、次のように入力します。

op = operpoint('magball')

この式は、以下を返します。

 Operating Point for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      x: 0            
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      x: 14           
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      x: 7            
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      x: 0            
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      x: 0.05         
 
Inputs: None 
----------

MATLAB® ソフトウェアには、モデル名、モデル内の任意の時変関数が評価される時間、状態を含むブロックの名前、および、操作点の状態値が表示されます。次の例では、モデル内の状態を含む 4 つのブロックと、States オブジェクトに 4 つのエントリがあります。最初のエントリには、2 つの状態が含まれます。MATLAB は、このモデルには含まれませんが、Inputs も表示されています。より詳細な op のプロパティを表示するには、関数 get を使用します。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?