ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

linlft

指定されたブロックの影響を取り除きながら、モデルを線形化します。

構文

lin_fixed = linlft(sys,io,blocks)
[lin_fixed,lin_blocks] = linlft(sys,io,blocks)

説明

lin_fixed = linlft(sys,io,blocks) は、特定のブロックの影響を取り除きながら、Simulink® モデルの sys を線形化します。文字列 blocks のセル配列で無視するブロックのフルパス名を指定します。線形化は、Simulink モデルで指定された操作点で、無視されたブロックを含めて実行されます。オプションで、I/O オブジェクト io で線形化ポイント (線形解析ポイント) を指定できます。この結果として、線形化モデル lin_fixed で次のフォームが生成されます。

上部のチャンネル In および Out は、I/O オブジェクト io でユーザーが指定した線形化ポイントに対応します。残りのチャンネルは、無視されたブロックへの接続に対応します。

linlft を使用し、linearizeOptions で「ブロック単位」の線形化アルゴリズムを指定した場合、linearize で入力引数のすべてのバリエーションを使用できます。

linearize を使用して無視されたブロックを個別に線形化した後、linlftfold を使用して線形化結果を組み合わせることができます。

[lin_fixed,lin_blocks] = linlft(sys,io,blocks) では、blocks で指定した各ブロックに対する線形化が返されます。blocks が単一のブロック パスを識別する文字列である場合、lin_blocks は、単一の状態空間 (ss) モデルです。blocks が、複数のブロックを識別するセル配列の場合は、lin_blocks は状態空間モデルのセル配列です。lin_blocks 内の各ブロックのブロックの絶対パスは、状態空間モデルの Notes プロパティに保存されます。

scdtopmdl Simulink モデルの次の部分を個別に線形化してから、その結果を組み合わせます。

  • モデル リファレンス Parameter Varying Controller を除くすべてを含む固定部

  • scdrefmdl モデルを参照するモデル リファレンス Parameter Varying Controller

% Open the Simulink model
topmdl = 'scdtopmdl';

% Linearize the model without the Parameter Varying Controller
io = getlinio(topmdl);
blocks = {'scdtopmdl/Parameter Varying Controller'};
sys_fixed = linlft(topmdl,io,blocks);

% Linearize the Parameter Varying Controller
refmdl = 'scdrefmdl';
sys_pv = linearize(refmdl);

% Combine the results
BlockSubs(1) = struct('Name',blocks{1},'Value',sys_pv);
sys_fold = linlftfold(sys_fixed,BlockSubs);

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?