ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getstatestruct

操作点からの状態構造体

構文

x_struct = getstatestruct(op_point)

説明

x_struct = getstatestruct(op_point) は、状態値 x_struct の構造体を操作点オブジェクト op_point から抽出します。構造体 x_struct は、Simulink® ソフトウェアと同じ形式を使用しているので、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ インポート/エクスポート] ペイン内のモデルにおける状態に対して初期値を設定することができます。

magball モデルに操作点オブジェクトを作成します。

op_magball=operpoint('magball');

操作点オブジェクトから状態構造体を抽出します。

states_magball=getstatestruct(op_magball)

この抽出により以下が返されます。

states_magball = 

       time: 0
    signals: [1x5 struct]

この構造体内部の状態値を表示するには、ドット表記を使用して values フィールドにアクセスします。

states_magball.signals.values

このドット表記により以下が返されます。

ans =

     0


ans =

   14.0071


ans =

    7.0036


ans =

     0


ans =

    0.0500

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?