ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

frest.simView

パッケージ: frest

周波数応答モデルの時間領域および周波数領域でのプロット

構文

frest.simView(simout,input,sysest)
frest.simView(simout,input,sysest,sys)

説明

frest.simView(simout,input,sysest) は、次の周波数応答推定結果をプロットします。

  • Simulink モデルの時間領域シミュレーション simout

  • 時間領域シミュレーション simout の FFT

  • 推定されたシステム sysest のボード線図

    このボード線図は、frest.Sinestream または frest.Chirp を使用した入力信号の作成時に使用できます。この線図で、周波数または周波数範囲を対話的に選択して、3 つのプロットすべての結果を表示することができます。

入力信号 input を使用して、frestimate コマンドから simout および sysest が得られます。

frest.simView(simout,input,sysest,sys) により、frest.Sinestream または frest.Chirp を使用して入力信号を作成する際に、ボード線図に線形システム sys が含まれます。この構文を使用して、線形システムと周波数応答推定結果を比較します。

watertank Simulink® モデルの閉ループを推定し、結果を解析します。

% Open the Simulink model
watertank

% Specify portion of model to linearize and estimate
io(1)=linio('watertank/PID Controller',1,'input');
io(2)=linio('watertank/Water-Tank System',1,'output');

% Specify the operating point for the linearization and estimation
watertank_spec = operspec('watertank');
op = findop('watertank',watertank_spec);

% Create input signal for simulation
input = frest.Sinestream('Frequency',logspace(-1,2,10));

% Estimate the frequency response of the watertank model
[sysest,simout] = frestimate('watertank',op,io,input);

% Analyze the estimation results
frest.simView(simout,input,sysest)

参考

|

この情報は役に立ちましたか?