ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

線形解析ツールを使用した線形化ベースの入力による周波数応答の推定

以下の例では、線形解析ツールを使用してモデルの周波数応答を推定する方法を説明します。推定に使用する入力信号は、モデルの線形化に基づきます。

手順 1: Simulink モデルを線形化する。

  • Simulink® モデルを開きます。

    sys = 'scdDCMotor';
    open_system(sys);
  • このモデル用に線形解析ツールを開きます。

    Simulink エディターで、[解析][制御設計][線形解析] を選択します。

  • [結果のプロット] リストで [新規ボード] を選択します。

  • モデルを線形化します。

    をクリックします。新しい線形化モデル linsys1[線形解析ワークスペース] に表示されます。

    linsys1 の生成には操作点としてモデルの初期条件が使用されています。

手順 2: sinestream の入力信号を作成する。

  • [周波数応答の推定] タブをクリックします。

    このタブでモデルの周波数応答を推定します。

  • [sinestream の入力の作成] ダイアログ ボックスを開きます。

    [入力信号] リストの [Sinestream] を選択して [sinestream の入力の作成] ダイアログ ボックスを開きます。

  • linsys1 に基づいて、入力信号の周波数とパラメーターを初期化します。

    [周波数とパラメーターを初期化] をクリックします。

    周波数成分ビューアーに周波数点が表示されます。linsys1 のダイナミクスに基づいて、周波数と入力信号のパラメーターが自動的に選択されます。

  • [sinestream の入力の作成] ダイアログ ボックスの周波数成分ビューアーで、すべての周波数点を選択します。

  • 入力信号の振幅を指定します。

    [振幅] ボックスに「1」と入力します。

  • sinestream 入力信号を作成します。

    [OK] をクリックします。[線形解析ワークスペース] に入力信号 in_sine1 が表示されます。

手順 3: 推定結果を表示するプロットを選択する。

[結果のプロット] リストで [ボード線図 1] を選択して、次に計算される線形システムが [ボード線図 1] に追加されるようにします。

手順 4: 周波数応答を推定する。

をクリックします。推定結果である estsys1[線形解析ワークスペース] に表示されます。

手順 5: 推定結果を調べる。

[ボード線図 1] には、推定されたモデルと線形化されたモデルのボード線図が表示されています。

推定モデルの周波数応答は線形化モデルの周波数応答と一致します。

この情報は役に立ちましたか?