ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Check Bode Characteristics

シミュレーションの間、ボード線図の振幅が指定範囲内にあることを確認します。

ライブラリ

Simulink® Control Design™

説明

このブロックは、[範囲] タブの既定のパラメーター設定が異なる点を除き、Bode Plot ブロックと同じです。

シミュレーション時に、非線形 Simulink モデルから計算された、線形化システムのボード線図でゲインの上限および下限範囲が満たされていることを確認します。

Simulink モデルは連続時間、離散時間またはマルチレートの可能性があり、むだ時間が含まれることもあります。計算された線形システムは、単入力単出力 (SISO: Single-Input Single-Output) または多入力多出力 (MIMO: Multi-Input Multi-Output) とすることができます。

シミュレーション時に、このソフトウェアでは、指定された線形化入力と出力間のモデルの一部分を線形化して、ボード線図のゲインと位相を計算し、ゲインが指定範囲を満たしていることを確認します。

  • すべての範囲が満たされる場合、ブロックは処理を行いません。

  • 範囲が満たされない場合、ブロックがアサートし、警告メッセージが MATLAB® プロンプトに表示されます。ブロックの以下の動作も指定できます。

    • MATLAB 式の評価

    • シミュレーションの停止と、そのブロックのフォーカスへの移動

シミュレーション時に、ブロックは以下の論理アサーション信号を出力することがあります。

  • すべての範囲が満たされる場合、信号は true (1) です。

  • 満たされない範囲がある場合、信号は false (0) です。

MIMO システムの場合、その範囲はすべての入出力の組み合わせに対して計算されたボード線図に適用されます。

複数の Check Bode Characteristics ブロックをモデルに追加し、モデルのさまざまな部分でボード線図のゲイン余裕の上限および下限範囲が満たされていることを確認できます。

また、ボード線図でゲインと位相をプロットし、ゲインが範囲を満たすことをグラフで確認することもできます。

このブロックと他の Model Verification ブロックでは、シミュレーションにおいて、非線形 Simulink モデルの線形化動作が指定された範囲内にあることをテストします。

  • モデルがどの範囲においても違反していない場合、アサーションのオプションをクリアすることでブロックを無効にできます。モデルを変更する場合は、アサーションを再び有効にすると、その変更によりモデルが範囲に違反しないことを確認できます。

  • モデルが範囲に違反する場合は、Simulink Design Optimization™ ソフトウェアを使用して、このブロックに指定された要件を満たせるように線形システムを最適化します。

線形システムを MATLAB ワークスペースに変数として保存できます。

ブロックではコード生成はサポートされず、Normal シミュレーション モードでのみ使用できます。

パラメーター

次の表は、ブロック パラメーター ダイアログ ボックスからアクセスできる Check Bode Characteristics のブロック パラメーターをまとめています。詳細については、Bode Plot ブロック参照ページの「パラメーター」を参照してください。

タスクパラメーター
線形化を設定します。入出力 (I/O) を指定します。[線形化] タブでの操作:
  • 線形化入出力

  • モデル信号をクリックし、線形化 I/O として追加します

設定を指定します。[線形化] タブでの操作:
  • 線形化の対象

  • スナップショット時間

  • トリガー タイプ

アルゴリズムを指定します。[線形化] タブでの操作:
  • ゼロクロッシング検出を有効にする

  • 正確な遅延を使用

  • 線形システムのサンプル時間

  • サンプル時間レート変換メソッド

  • プリワープ周波数 (rad/s)

線形システム I/O および状態名のラベルを指定します。[線形化] タブでの操作:
  • 完全なブロック名を使用

  • バス信号名を使用

アサーションの線形化システムで上下範囲を指定します。[範囲] タブでの操作:
  • アサーションに振幅の上限を含める

  • アサーションに振幅の下限を含める

アサーションのオプションを指定します (線形システムに範囲を指定する場合のみ)。[アサーション] タブでの操作:
  • アサーションを有効にする

  • アサーションが失敗したときのシミュレーション コールバック (オプション)

  • アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

  • アサーション信号の出力

線形システムを MATLAB ワークスペースに保存します。[ログ] タブで、データをワークスペースに保存します。
プロット ウィンドウのグラフで範囲の違反を表示します。プロットの表示
ブロックをダブルクリックして、ブロック パラメーター ダイアログ ボックスではなくプロット ウィンドウを表示します。ブロックが開いたときにプロットを表示

参考

Bode Plot

この情報は役に立ちましたか?