ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addoutputspec

出力仕様を操作点の仕様に追加

構文

opnew=addoutputspec(op,'block',portnumber)

代替方法

関数 addoutputspec を使用する代わりに、Simulink® Control Design™ GUI で出力の仕様を追加することもできます。「出力仕様を満たす定常状態の操作点」を参照してください。

説明

opnew=addoutputspec(op,'block',portnumber) は、Simulink モデルの出力仕様を既存の操作点の仕様 op (operspec で作成) に追加します。出力仕様により制限されている信号は、信号の発生源のブロック名 'block' と、端子番号 portnumber で示されます。

信号に対する実際の制限、または仕様を含めるために、新規の操作点の仕様オブジェクト opnew の内部で出力仕様を編集できます。モデルの操作点を見つけるには、関数 findop に新規操作点の仕様オブジェクトを使用してください。

この関数は、ブロックの出力の端子幅を見つけるために、opModel プロパティで与えられた Simulink モデルを自動的にコンパイルします。

magball モデルの操作点の仕様を作成します。

op=operspec('magball')

この仕様では、op オブジェクトが返されます。このモデルには出力端子がないので op オブジェクトにも出力端子がありません。

 Operating Specification for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      spec:  dx = 0,  initial guess:             0
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      spec:  dx = 0,  initial guess:            14
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      spec:  dx = 0,  initial guess:             7
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      spec:  dx = 0,  initial guess:             0
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      spec:  dx = 0,  initial guess:          0.05
 
Inputs: None 
----------
 
Outputs: None 
----------

出力の仕様を Controller ブロックと Magnetic Ball Plant ブロック間の信号に追加するには、関数 addoutputspec を使用します。

newop=addoutputspec(op,'magball/Controller',1)

出力仕様が追加されたこの関数は、操作点仕様オブジェクトに追加されます。

  Operating Specification for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      spec:  dx = 0,  initial guess:             0
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      spec:  dx = 0,  initial guess:            14
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      spec:  dx = 0,  initial guess:             7
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      spec:  dx = 0,  initial guess:             0
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      spec:  dx = 0,  initial guess:          0.05
 
Inputs: None 
----------
 
Outputs: 
----------
(1.) magball/Controller
      spec:  none

出力の仕様を編集して、この信号を 14 に制限します。

newop.Outputs(1).Known=1, newop.Outputs(1).y=14

最終の出力の仕様が表示されます。

 Operating Specification for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      spec:  dx = 0,  initial guess:             0
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      spec:  dx = 0,  initial guess:            14
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      spec:  dx = 0,  initial guess:             7
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      spec:  dx = 0,  initial guess:             0
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      spec:  dx = 0,  initial guess:          0.05
 
Inputs: None 
----------
 
Outputs: 
----------
(1.) magball/Controller
      spec:  y = 0             

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?