ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink PID Controller ブロックの自動調整

この例では、PID 調整器を使用して PID Controller ブロックを自動的に調整する方法を説明します。

PID 調整器の紹介

PID 調整器は、Simulink PID Controller ブロックに、応用範囲が広く高速な単一ループ PID 調整法を提供します。PID 調整器を使用すれば、望ましい応答時間を可能にするロバスト設計を実現できるように PID パラメーターを調整できます。

PID 調整器を使用した一般的な設計ワークフローには、以下の作業が含まれます。

(1) PID 調整器を起動する。起動時に、ソフトウェアが Simulink モデルから線形プラント モデルを自動的に計算し、初期コントローラーを設計します。

(2) 2 つの設計モードの設計基準を手動で調整することで、PID 調整器でコントローラーを調整する。PID 調整器が、システムをロバスト安定化させる PID パラメーターを計算します。

(3) 設計されたコントローラーのパラメーターを PID Controller ブロックにエクスポートし、Simulink でコントローラー性能の検証を実行する。

モデルを開く

PID Controller ブロックでエンジン スピード制御モデルを開き、少し時間をとってモデルを調べます。

open_system('scdspeedctrlpidblock');

設計の概要

この例では、エンジン スピード制御ループ内の PI コントローラーを設計します。設計目標は、Simulink ステップ ブロック scdspeedctrlpidblock/Speed Reference からの基準信号に追従することです。設計要件は以下のとおりです。

  • 整定時間が 5 秒未満である

  • ステップ基準入力に対する定常偏差がゼロである

この例では、PID 調整器で PI コントローラー scdspeedctrl/PID Controller を設計することで、フィードバック ループを安定化させ、良好な設定値追従性能を達成します。

PID 調整器を開く

PID 調整器を起動するには、PID Controller ブロックをダブルクリックして、ブロック ダイアログを開きます。[メイン] タブで、[調整] をクリックします。

初期 PID 設計

PID 調整器が起動すると、ソフトウェアが、コントローラーに認識される線形化されたプラント モデルを計算します。ソフトウェアはプラント入出力を自動的に特定し、現在の操作点を線形化に使用します。プラントは任意の次数をもつことができ、むだ時間をもつこともできます。

PID 調整器は、性能とロバスト性の間の適切なトレードオフを実現できるように初期 PI コントローラーを計算します。既定の設定では、ステップ設定値追従性能がプロットに表示されます。

次の図は、初期設計を含む PID 調整器のダイアログを示しています。

PID パラメーターの表示

[パラメーターを表示する] 矢印をクリックして、コントローラー パラメーター P および I と、性能測定値とロバスト性測定値のセットを表示します。この例では、初期 PI コントローラー設計によって 2 秒の整定時間が与えられます。これは要件を満たします。

次の図は、パラメーターと性能テーブルを示しています。

PID 調整器での PID 設計の調整

設定値追従応答のオーバーシュートは約 7.5% です。整定時間の制限に達するまでにまだ余裕があるので、応答時間を長くすることでオーバーシュートを低減できます。応答時間スライダーを左に移動して、閉ループ応答時間を長くします。応答時間を調整すると、応答プロット、コントローラー パラメーター、および性能測定値が更新されることに注意してください。

次の図は、オーバーシュートが 0 で、整定時間が 4 秒である、調整済みの PID 設計を示しています。設計されたコントローラーは事実上、積分専用コントローラーになります。

性能のトレードオフを使用した PID 設計の完了

整定時間を 2 秒未満に短縮しつつオーバーシュートをゼロにするには、両方のスライダーを活用する必要があります。コントローラーの応答を早めて整定時間を短縮し、ロバスト性を高めてオーバーシュートを低減する必要があります。たとえば、応答時間を 3.4 秒から 1.5 秒に短縮し、ロバスト性を 0.6 から 0.72 に高めます。

次の図は、このように設定した場合の閉ループ応答を示しています。

PID Controller ブロックへの調整済みパラメーターの書き込み

設計プラント モデルでのコントローラー性能が満足できるようであれば、非線形モデルでの設計をテストできます。テストするには、PID 調整器で [適用] をクリックします。これにより、パラメーターが Simulink モデルの PID Controller ブロックに書き込まれます。

次の図は、更新された PID Controller ブロックのダイアログを示しています。

完了した設計

次の図は、閉ループ システムの応答を示しています。

この応答は、新しいコントローラーが設計要件をすべて満たしていることを示しています。

SISO 補償器設計ツールを使用して、PID Controller ブロックを設計することもできます。PID Controller ブロックがマルチループ設計作業に属している場合、「単ループのフィードバック/プレフィルターの補償器設計」の例を参照してください。

bdclose('scdspeedctrlpidblock')
この情報は役に立ちましたか?