ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

システム動作の検証

モデルが実際のシステムを表現しているかどうかの判定、複数のシミュレーション実行のデータの表示と比較

MATLAB 関数

Simulink.sdi.view シミュレーション データ インスペクター ツールを開く
Simulink.sdi.addToRun 新しいシミュレーション データを既存の実行に追加する
Simulink.sdi.clear シミュレーション データ インスペクターからデータをすべて消去する
Simulink.sdi.close シミュレーション データ インスペクターを閉じる
Simulink.sdi.compareRuns 2 つのシミュレーション実行間の信号データを比較する
Simulink.sdi.compareSignals 2 つの信号からデータを比較する
Simulink.sdi.copyRun シミュレーション出力データを含んだ実行のコピーを作成する
Simulink.sdi.createRun シミュレーション データ インスペクターで実行を作成する
Simulink.sdi.deleteRun シミュレーション データ インスペクターから実行を削除します。
Simulink.sdi.getRun シミュレーション出力データを含んだ Simulink.sdi.Run オブジェクトを返す
Simulink.sdi.getRunCount シミュレーション データ インスペクター内の実行数を返す
Simulink.sdi.getRunIDByIndex 実行インデックスに対応する実行 ID を返す
Simulink.sdi.getSignal シミュレーション データ インスペクター内の信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクトを返す
Simulink.sdi.getSource シミュレーション データの格納場所を返す
Simulink.sdi.isValidRunID 実行 ID が有効かどうかを判定する
Simulink.sdi.load 保存したシミュレーション データ インスペクター セッションを読み込む
Simulink.sdi.refresh シミュレーション データ インスペクターの更新
Simulink.sdi.report シミュレーション データ インスペクター ツールからレポートを生成する
Simulink.sdi.save 現在のシミュレーション データ インスペクター セッションを保存する
Simulink.sdi.setRunNamingRule 実行の命名規則を指定
Simulink.sdi.setRunOverwrite 上書きするシミュレーション実行にマークを付ける
Simulink.sdi.setSource シミュレーション データの格納先を設定

クラス

Simulink.sdi.DiffRunResult 2 つのシミュレーション実行の比較結果
Simulink.sdi.DiffSignalResult 2 つの信号の比較結果
Simulink.sdi.Run シミュレーション実行の信号データおよびメタデータを管理
Simulink.sdi.Signal 信号の時系列データおよびメタデータを管理
この情報は役に立ちましたか?