ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink エディター

エディター レイアウト

Simulink® モデルまたはライブラリを開くと、Simulink エディターにモデルまたはライブラリが表示されます。詳細は、「Simulink エディターを開く」を参照してください。

Simulink エディターには、以下の主要セクションがあります。

  • タイトル バー

    左上隅のタイトル バーには、モデル ウィンドウで開いているモデルまたはサブシステムの名前が表示されます。

  • "メニュー バー" および "ツール バー"

    Simulink エディターの最上部で、モデルを操作するためのコマンドにアクセスすることができます。ツール バーにあるいくつかのボタンは、一般的に使用する Simulink エディター メニュー オプションへの簡単なアクセスを提供します。ツール バーにあるその他のボタンを押すと、モデル エクスプローラーなどの他の Simulink ツールが開きます (詳細は「ツール バーから Simulink ツールを開く」を参照)。

  • パレット

    Simulink エディターの右側にある垂直バーのアイコンは、注釈の追加など、非常に一般的なタスクを実行します。

  • エクスプローラー バー

    階層リンクには、エディターで開かれたシステムが表示されます。階層リンク内でシステムを選択して、そのシステムをモデル ウィンドウで開きます。エクスプローラー バーの空白をクリックすると、階層を編集できます。また、エクスプローラー バーの右側にある下矢印により、履歴から指定できます。

  • モデル ブラウザー

    エディター内のモデルのツリー構造のビューを開くまたは閉じるには、Simulink エディターの左下隅にある二重の矢印 をクリックします。

  • キャンバス — キャンバスは、ブロック線図を編集するための領域です。マウスとキーボードを使って、ブロックの作成と結線、ブロックの選択と移動、ブロック ラベルの編集、ブロックのダイアログ ボックスの表示などを行うことができます。

    キャンバス内に特定のモデル オブジェクト (ブロックなど) に固有の "コンテキスト メニュー" を表示するには、そのオブジェクトを右クリックします。

  • ステータス情報 — エディターの最上部付近には、シミュレーション時間とシミュレーション モードが表示され、それをリセットすることもできます。 下部のステータス ラインには、Simulink の処理、ズーム倍率、ソルバーが表示されます。

ツール バーから Simulink ツールを開く

Simulink エディターのツール バーには、他の Simulink ツールに簡単にアクセスするためのボタンがいくつかあります。

メニュー オプションに関連付けられたボタンは、それをクリックすると最初のメニュー オプションが表示されます。

ツールボタンおよび関連メニュー

ライブラリ ブラウザー

モデル エクスプローラー

シミュレーション ステッパー

次のステップ

前のステップ

シミュレーション データ インスペクター

アドバイザー ツール

コマンドを元に戻す

操作の結果を 101 回前までさかのぼってキャンセルできます。コマンドの処理を元に戻すには、[編集][元に戻す] を選択します。目的の時点のコマンドに戻るまで、この操作を繰り返します。以下のような操作を元に戻すことができます。

  • ブロックの追加、削除、または移動

  • ラインの追加、削除、または移動

  • モデルの注釈の追加、削除、または移動

  • ブロック名の編集

  • サブシステムの作成 (詳細は、「サブシステム作成の取り消し」を参照)

[元に戻す] コマンドの結果を取り消すには、[編集] [やり直し] を選択します。

ウィンドウの管理

モデルごとに 1 つの Simulink エディター

モデルを開くと、そのモデルは独自の Simulink エディター ウィンドウに表示されます。たとえば、1 つのモデルが既に開いている場合、2 番目のモデルを開くと、そのモデルは 2 番目の Simulink エディターに表示されます。

同じモデルを 2 つの別個の Simulink エディター ウィンドウに表示するには、MATLAB® コマンド プロンプトで、window 引数を使用して open_system コマンドを入力します。たとえば、 vdp モデルを既に開いた後、vdp モデルの別のインスタンスを別個の Simulink エディターに開くには、次のコマンドを入力します。

open_system ('vdp', 'window')

サブシステムを開く

Simulink エディターは一度に 1 つのアクティブなウィンドウしか表示できません。既定では、Subsystem ブロックを開くと、開いたサブシステムが、そのサブシステムを開いたモデルを置き換えます (モデル ウィンドウに表示されることから)。

Simulink エディターのタブを使用すると、最上位モデル用およびサブシステム用の複数のモデル ウィンドウの間を簡単に移動することができます。サブシステムを別のタブに開くには、以下の手順に従います。

  1. Subsystem ブロックを右クリックします。

  2. コンテキスト メニューから [新しいタブで開く] を選択します。以下の例には、ex_sscreate2 モデル用と Subsystem モデル用の個別のタブがあります。

適切なタブをクリックして、最上位モデルとサブシステムとの間を移動します。あるいは、[ツール表示][移動] メニューに続くオプション (たとえば、[戻る][親に移動][前のタブ] など) を選択します。

サブシステムを開くことに関する詳細は、「モデルの階層構造のナビゲーション」を参照してください。

Simulink エディター ウィンドウ内でタブの順序を再配置するには、以下のようにします。

  1. 移動するタブを選択します。

  2. 表示する位置にタブをドラッグします。

  3. マウス ボタンを離します。

参照モデルを開く

Model ブロックを開くと、参照モデルが別の Simulink エディターで開きます。

MATLAB デスクトップの最前面表示

Simulink エディター ウィンドウは、MATLAB デスクトップの最前面に開きます。MATLAB デスクトップを画面の最前面に戻すには、Simulink エディターで [ツール表示][MATLAB デスクトップ] を選択します。

この情報は役に立ちましたか?