ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック線図の更新

ブロック線図の更新

信号データ型やサンプル時間など、ブロック線図の多数の属性は指定しないままでもかまいません。その場合、Simulink® ソフトウェアは、ユーザーが指定するブロックの接続と属性に基づいてブロック線図の属性の値を推測します。Simulink が使用するプロセスを "ブロック線図の更新" と呼びます。

Simulink は、指定しない属性に対して最も適切な値を推測しようとします。Simulink が属性を推測できない場合は、更新が停止され、エラー ダイアログ ボックスが表示されます。

シミュレーションによるブロック線図の更新

Simulink は、シミュレーションの開始時にブロック線図を更新します。更新されたブロック線図は、ユーザーがモデルに加えた最新の変更結果をシミュレーションに提供します。

編集時のブロック線図の更新

モデルの作成中は Simulink を用いていつでもブロック線図を更新させることができます。ブロック線図を定期的に更新することで、モデルの開発を進めながら潜在的なシミュレーションの問題の特定とその修正がしやすくなります。この方法により、一連の直近の変更に集中することで問題の原因の特定が容易になります。また、ブロック線図の更新処理は、シミュレーションの実行よりも所要時間が短いので、問題をより効率的に特定することが可能になります。

編集時にブロック線図を更新するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • Simulink エディターで、[シミュレーション][ブロック線図の更新] を選択します。

  • Ctrl + D を押します。

以下に例を示します。

  1. 以下のモデルを作成します。

  2. Simulink エディターで、[情報表示][信号と端子][端子のデータ型] を選択します。

    Constant ブロックと Gain ブロックの出力端子のデータ型が表示されます。両端子のデータ型は既定値の double です。

  3. Constant ブロック パラメーター ダイアログ ボックスで、[出力データ型] を [single] に設定します。

    ブロック線図の出力端子データ型表示は、この変更を反映しません。

  4. Simulink エディターで、[シミュレーション][ブロック線図の更新] を選択します。

    更新されたブロック線図には、以前に行った変更が反映されます。

    この例では、Simulink は Gain ブロックの出力のデータ型を推測します。これは、ブロックのデータ型を指定しなかったためです。推測されたデータ型は single です。これは、ブロックの入力の精度に single が指定されており、モデルを正確にシミュレーションするのにすべてを単精度にする必要があるためです。

この情報は役に立ちましたか?