ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Gumstix Overo ハードウェア搭載ファームウェアの置き換え

カスタマイズされた Linux® ディストリビューションで Overo® ハードウェア搭載ファームウェアを置き換えます。

ファームウェアを置き換える前に、サポート パッケージをインストールします。

ファームウェアを置き換えた後、Overo ハードウェア上で Simulink® モデルを実行できます。

以下の概要は、ファームウェアの置き換え処理をまとめたものです。

  1. サポート パッケージ インストーラーは、ファームウェア イメージをホスト コンピューター上で検索、または新規にダウンロードします。

  2. サポート パッケージ インストーラーは、Overo ハードウェアではなく、ホスト コンピューターを使用して、ファームウェア イメージを microSD カードに書き込みます。

  3. microSD カードを Overo ハードウェアに移します。

  4. サポート パッケージ インストーラーが Overo ハードウェアを構成します。

Overo ハードウェア上のファームウェアは、次の方法で置き換えます。

  1. 以下のいずれかの方法を使用して、サポート パッケージ インストーラーの [ファームウェアの更新] 画面を開きます。

    • サポート パッケージ インストーラーの [インストール/更新完了] 画面で [続行] をクリックします。

    • モデルで、[ツール][ターゲット ハードウェアで実行][ファームウェアの更新] を選択します。

    • MATLAB® コマンド ウィンドウで「targetupdater」と入力します。

  2. [Gumstix Overo] オプションを選択して、[次へ] をクリックします。

  3. 使用している Overo ボードを選択して、[次へ] をクリックします。

  4. 以下の図に示すように接続して、[次へ] をクリックします。

  5. [Download from Internet (recommended)] を選択したまま、[Download] をクリックします。ファームウェアのダウンロードに要する時間の長さは、接続の速度によって異なります。

    適切なファームウェア イメージが既に [Download folder] に存在する場合、サポート パッケージ インストーラーはファームウェア イメージの再ダウンロードを自動的に省略します。

    ファームウェア イメージのファイル サイズは、約 1 GB です。ファームウェアのダウンロードに要する時間の長さは、接続の速度によって異なります。

  6. microSD カードをホスト コンピューターに接続されたメディア カード リーダーに挿入します。Windows® により、メモリ カードにドライブ文字が割り当てられます。

  7. [更新] をクリックし、microSD カードのドライブ文字を選択します。

    • 1 つのドライブ文字のみが使用可能な場合は、[次へ] をクリックします。

    • 複数のドライブ文字が使用可能な場合、Windows の [スタート] メニューを開いて、[コンピューター] を選択し、[リムーバブル記憶域があるデバイス] で Windows によって microSD カードに割り当てられたドライブ文字を確認します。

  8. [書き込み] をクリックします。サポート パッケージ インストーラーは、メモリ カード上の以前のデータをすべて、このファームウェアで上書きします。この処理は完了するまで数分かかります。

  9. Microsoft® Windows で、[デバイスとプリンター] を開いて、Overo ハードウェア デバイスを確認します。

  10. Overo ハードウェア デバイスの [ハードウェア] タブから COM ポート番号を取得します。

  11. [シリアル ポート] を Overo ハードウェアの COM ポート番号に設定して、[次へ] をクリックします。

    USB ケーブルで Overo ハードウェアを接続したら、[更新] をクリックし、オプションのリストを更新します。

  12. microSD カードを Overo ハードウェアに挿入します。次に、ボードを 5 ボルト電源に接続して、[次へ] をクリックします。

  13. 自動的に生成された [ボード名] の値を確認します。

    [IP 割り当て] の設定を確認します。

    • Overo ハードウェアが DHCP サービスでネットワークに接続している場合は、[IP アドレスを自動的に取得] を選択したまま、[構成] をクリックします。一般的に、LAN または インターネット ルーターが DHCP サービスを提供します。

    • ボードがコンピューターのイーサネット ポートに直接接続されているか、DHCP サービスのない孤立したネットワークに接続されている場合、[IP アドレスを手動で入力] を選択します。表示されたダイアログ ボックスで、ボードに固有の名前を付け、ボードの静的 IP 設定を入力して、[構成] をクリックします。

      メモ:   ボードの静的 IP 設定を入力するには、以下のガイドラインに従ってください。

      • サブネット マスクの値はネットワーク上のすべてのデバイスで同じでなければなりません。

      • 各デバイスの IP アドレスの値は、ネットワーク上で一意でなければなりません。

      たとえば、ホスト コンピューター上のイーサネット ポートのネットワーク マスクが 255.255.255.0 で、静的 IP アドレスが 192.168.1.1 の場合、以下のように設定します。

      • [ネットワーク マスク] には同じネットワーク マスクの値、255.255.255.0 を設定します。

      • [IP address]192.168.1.2192.168.1.254 の未使用の IP アドレスを設定します。

    [設定] をクリックすると、サポート パッケージ インストーラーはシリアル接続を開き、設定をボードに適用します。

  14. 後で使用するために [IP アドレス]、[ユーザー名] および [パスワード] の値をメモしておきます。[次へ] をクリックします。

    一部の Overo COM には組み込みの Wi-Fi モジュールがあります。この無線設定を行うには、http://wiki.gumstix.org/index.php?title=Overo_Wifi を参照してください。

    高度な診断や、シリアル コンソールからの IP アドレスの復元については、以下を参照してください。

  15. [終了] をクリックします。[サポート パッケージの例を表示] が有効なままの場合、サポート パッケージ インストーラーが Overo ハードウェアの例のページを開きます。

    この例を後で再度開くには、「サポート パッケージの例を開く」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?