ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink 用のキーボードとマウスのショートカット

    メモ:   Macintosh プラットフォームの場合は、Ctrl キーの代わりに、command キーを使用します。

モデルを表示するショートカット

次の表は、モデルの表示のためのキーボード ショートカットを示します。

タスクショートカット
ズームインCtrl + +
ズーム アウトCtrl + -
標準 (100%)Alt + 1

移動

マウスのスクロール ホイールを押したままマウスをドラッグする

ブロック線図を画面に合わせる スペースバー
マウスで移動Space キーを押したまま、マウスをドラッグします。
選択を削除Delete または Backspace
選択を移動選択して矢印キーを使用する

ブロック編集のショートカット

次の表は、ブロックに適用されるマウスとキーボードの動作を示します。

タスクショートカット

1 つのブロックを選択

左マウス ボタン (LMB)

複数ブロックを選択

Shift + LMB

別のウィンドウからのブロックのコピー

ブロックのドラッグ

ブロックの移動

ブロックのドラッグ

ブロックのサイズ変更 (幅と高さの比率を維持したまま)

ブロックを選択し、Shift キーを押したまま、ブロックのサイズを変更

ブロックのサイズ変更 (中心から)

ブロックを選択し、Ctrl キーを押したまま、ブロックのサイズを変更

ブロックの時計回り回転

Ctrl + R

ブロックの反時計回り回転

Ctrl + Shift + R

ブロックの反転

Ctrl + I

ブロックの複製

Ctrl + C、次に Ctrl + V

ブロックの結線

出力端子を選択し、入力端子にポインターを合わせ、Ctrl + LMB を押す

ブロックの切り離し

Shift + ブロックのドラッグ

選択したブロックからのサブシステムの作成

Ctrl + G

選択したサブシステムを開く

Enter

選択したサブシステムの親への移動

Esc

ブロック マスクの下の表示

Ctrl + U

ブロックのコメント アウト

ブロックを選択して、Ctrl + Shift + X キーを押す

ブロックのコメント解除

コメント アウトされたブロックを選択して、Ctrl + Shift + X キーを押す

ブロック名編集の適用

Esc

ライン編集のショートカット

次の表は、ラインに適用されるマウスとキーボードのアクションを示します。

タスクショートカット

1 本のラインを選択

左マウス ボタン (LMB)

複数のラインを選択

Shift + LMB

分岐線の描画

Ctrl + ラインをドラッグ、または RMB とラインをドラッグ

ブロック周囲のラインの描画

Shift + ライン セグメントの描画

ライン セグメントの移動

セグメントのドラッグ

頂点の移動

頂点のドラッグ

信号ラベル編集のショートカット

次の表は、信号ラベルに適用されるマウスとキーボードの動作を示します。

動作ショートカット

信号ラベルの作成

ラインをダブルクリックしてからラベルを入力

信号ラベルのコピー

Ctrl + ラベルのドラッグ

信号ラベルの移動

LMB + ラベルのドラッグ

信号ラベルの編集

ラベルをクリックして編集

注釈の編集のショートカット

次の表は、注釈に適用されるマウスとキーボードの動作を示します。

動作ショートカット

注釈の作成

ブロック線図内をダブルクリックした後でテキストを入力

注釈のコピー

Ctrl + C、次に Ctrl + V

注釈の移動

注釈のドラッグ

注釈の編集

テキストをクリックして編集

この情報は役に立ちましたか?