ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink を起動する

MATLAB ソフトウェアを開く

Simulink® ソフトウェアを起動するには、最初に MATLAB® 技術計算環境を起動します。MATLAB の起動に関する詳細は、「起動と終了」を参照してください。

ライブラリ ブラウザーを開く

MATLAB から Simulink ライブラリ ブラウザーを起動するには、次の方法のいずれかを使用します。

  • MATLAB ツール バーで Simulink ボタン ( ) をクリックします。

  • MATLAB プロンプトに simulink コマンドを入力します。

ライブラリ ブラウザーが開きます。ライブラリ ブラウザーは、システムにインストールされている Simulink ブロック ライブラリをツリー構造で表示します。Simulink ライブラリ ウィンドウには、事前にインストールされたブロック ライブラリを示すアイコンが表示されます。

    メモ:   Windows® オペレーティング システムを実行しているコンピューターでは、ライブラリ ブラウザー ウィンドウで Simulink ノードを右クリックすることで、Simulink ライブラリ ウィンドウを表示できます。

モデルを作成するには、ライブラリ ブラウザーから Simulink エディターのモデル ウィンドウにブロックをコピーします。

Simulink エディターを開く

Simulink エディターを開くには、次の方法の "いずれか" を使用します。

  • 既存のモデルを開きます。たとえば、MATLAB プロンプトにモデルの名前を入力します。詳細は、「既存のモデルを開く」を参照してください。

  • ライブラリ ブラウザーで [ファイル][開く] を選択します。モデルを選択するか、モデルのファイル名を入力します。

  • MATLAB プロンプトで open_system コマンドを使用します。たとえば、vdp という名前のモデルを開くには、次のコマンドを使用します。

    open_system('vdp')

    メモ:   Simulink エディターを正しく表示させるには、32 ビット カラー モードを使用します。

    通常、リモート デスクトップ接続 (たとえば、VNC 接続) の場合は、16 ビット以下の既定のカラー モードが使用されます。

この情報は役に立ちましたか?