ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの生成

ブロックをモデルにコピーする

Simulink® ライブラリ ブラウザーをモデルを入力するためのソースとして使用します。ライブラリ ブラウザーで、組み込みライブラリおよびユーザー ライブラリからブロックを参照して検索します。ブロックをライブラリ ブラウザーから Simulink エディターにあるユーザーのモデルへコピーします。

ライブラリ ブラウザーを開くには、MATLAB® コマンド ラインで次のように入力します。

simulink

詳細は、「Simulink ライブラリ ブラウザーを開く」を参照してください。

独自のライブラリを作成してライブラリ ブラウザーに追加する方法の詳細は、「ブロック ライブラリ」を参照してください。

ブロック ライブラリの参照

左側の [ライブラリ] ペインには、システムにあるブロック ライブラリのツリー構造フォルダーが表示されます。最初に、Simulink ライブラリが選択され、その最上位レベルが開かれます。ペインをスクロールしたり、ライブラリやサブライブラリを展開したり折りたたんだりすると、システム上のライブラリとそれに含まれているブロックを参照できます。

[ライブラリ] ペインで選択したライブラリの内容は、ペインの右側の [ライブラリ] タブに表示されます。内容は、サブライブラリ、ブロック、またはその両方です。選択したライブラリの各メンバーは、アイコンと名前で識別されます。

サブライブラリを開くには、次の "いずれか" の方法を使用します。

  • ライブラリを [ライブラリ] ペインで選択します。

  • [ライブラリ] タブのライブラリをダブルクリックします。

ブロックに関するヘルプを表示するには、以下の手順に従います。

  1. ブロックを右クリックします。

  2. コンテキスト メニューの [ヘルプ] を選択します。

ヘルプ テキストとコンテキスト メニューは、モデルでそのブロックのインスタンスを右クリックした場合に表示されるものと同じです。

ブロック ライブラリの検索

指定した文字列がその名前に含まれているライブラリ ブロックを検索するには、以下のようにします。

  1. ライブラリ ブラウザーの [検索] テキスト フィールドに検索文字列を入力します。

  2. Return キーを押すか、[検索] をクリックします。

ブラウザーでは、指定した文字列に一致する名前をもつブロックがすべてのライブラリで検索され、結果が [検出] ペインに表示されます。ペインには、各ライブラリのブロックが個別に表示されます。

既定の設定では、検索によって部分文字列が検出されますが、大文字小文字は区別されません。これらの既定を変更したり、[検索] フィールドでの MATLAB 正規表現の使用を有効にしたりするには、ライブラリ ブラウザーの [検索オプション] ボタンをクリックして、適切なコマンドを選択します。検索で見つかったブロックは、ライブラリを選択して見つけたブロックと同じように操作できます。

モデルへのブロックのコピー

ライブラリ ブラウザーからモデルにブロックをコピーするには、モデル ウィンドウのコピーを作成する場所にライブラリ ブロックをドラッグ アンド ドロップします。Simulink は、モデルの選択した場所にブロックをコピーします。

コピーされるブロックは、ソース ライブラリへのリンクを保持します。ソース ライブラリを更新すると、リンクされたコピーもすべて自動的に更新されます。ライブラリ リンクの詳細は、「ライブラリ」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?