ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Raspberry Pi ハードウェアとのコマンド ライン セッションを開く

このトピックでは、ターゲット ハードウェアとのコマンド ライン セッションを設定して開く方法を示します。

ボードへの接続は以下の方法で開きます。

  • DHCP を使用して IP アドレスを自動的に取得するよう Raspberry Pi™ を設定した場合、ファームウェアの更新処理中は、ボードに割り当てたホスト名を使用してボードと通信します。

    たとえば、ボードに raspberrypi-ah という名前を付けている場合、MATLAB® コマンド ウィンドウで以下を入力します。

    h = raspberrypi(‘raspberrypi-ah’)
    h.openShell('ssh')

  • ファームウェアの更新処理中は静的 IP アドレスを使用するよう Raspberry Pi を設定した場合、IP アドレスを使用してボードと通信します。

    たとえば、ボードの IP アドレスが 192.168.1.2 である場合、MATLAB コマンド ウィンドウで以下を入力します。

    h = raspberrypi(‘192.168.1.2’)
    h.openShell('ssh')

  1. イーサネット ケーブルをホスト コンピューターからボードに接続します。

  2. ボードと通信します。

    • DHCP を使用して IP アドレスを自動的に取得するよう Raspberry Pi を設定した場合、ファームウェアの更新処理中は、ボードに割り当てたホスト名を使用してボードと通信します。

      たとえば、ボードに raspberrypi-ah という名前を付けている場合、MATLAB コマンド ウィンドウで以下を入力します。

      h = raspberrypi(‘raspberrypi-ah’)
      h.openShell('ssh')

    • ファームウェアの更新処理中は静的 IP アドレスを使用するよう Raspberry Pi を設定した場合、IP アドレスを使用してボードと通信します。

      たとえば、ボードの IP アドレスが 192.168.1.2 である場合、MATLAB コマンド ウィンドウで以下を入力します。

      h = raspberrypi(‘192.168.1.2’)
      h.openShell('ssh')

  3. PuTTY ターミナル ウィンドウが開いたら、キーボードの Enter キーを押します。ターミナル ウィンドウには、Linux® のコマンド ラインが表示されます。

  4. Linux コマンド ラインで、ユーザー名とパスワードを入力してログインします。次に例を示します。

    raspberrypi-boardname login: pi
    Password: raspberry
    
  5. 終了したら、Linux コマンド ラインに「logout」と入力し、PuTTY を閉じてシリアル接続を終了します。

この情報は役に立ちましたか?