ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Arduino ハードウェア用のブロック ライブラリを開く

Arduino® ハードウェア用のブロック ライブラリは、MATLAB® コマンド ウィンドウまたは Simulink® ライブラリ ブラウザーから開くことができます。

これらのブロック ライブラリのブロックは、Arduino ハードウェアで使用できるさまざまな周辺機器のサポートを提供します。

コマンド ラインから

Arduino ハードウェアのサポートをインストールすると、MATLAB コマンド ウィンドウからブロック ライブラリを開けるようになります。

Arduino ハードウェアのサポートをインストールした後、以下を入力します。

arduinorootlib

対応するブロック ライブラリが開きます。

Simulink ライブラリ ブラウザーから、次の操作を実行します。

ブロック ライブラリは Simulink ライブラリ ブラウザーから以下のようにして開きます。

MATLAB コマンド ウィンドウに「simulink」と入力するか、MATLAB ツール バーで以下のアイコンをクリックします。

Simulink ライブラリ ブラウザーで、[Simulink Support Package for Arduino Hardware][Common] をクリックします。

Simulink ライブラリ ブラウザーに、対応するブロック ライブラリが表示されます。

Simulink ライブラリ ブラウザーで、[Simulink Support Package for Arduino Hardware][Ethernet Shield] をクリックします。

Simulink ライブラリ ブラウザーに、対応するブロック ライブラリが表示されます。

この情報は役に立ちましたか?