ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ホスト COM ポートの手動設定

Simulink® ソフトウェアは、ホスト コンピューターと Arduino® ハードウェア間の USB 接続の COM ポート設定を自動的に検出します。オプションで、これらの設定を手作業で設定することもできます。

Windows での COM ポートの構成

Windows® で COM ポート設定を手動で構成するには、以下の手順を実行します。

  1. モデルで [ツール] メニューをクリックして、[ターゲット ハードウェアで実行][オプション] を選択します。

  2. [ターゲット ハードウェアで実行] ペインで、[Set host COM port] パラメーターを [Manually] に変更して、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログを開いたままにします。

  3. Windows で [デバイスとプリンター] を開きます。

  4. [Arduino Uno][Arduino Mega 2560]、あるいは [Arduino Nano] デバイスをダブルクリックします。

  5. デバイスのプロパティ ダイアログで、[ハードウェア] タブをクリックしてから、[プロパティ] ボタンをクリックします。

  6. [ポート設定] タブをクリックします。

    たとえば、次のイメージは [デバイスとプリンター] に表示された Arduino デバイスの [ハードウェア] タブおよび [ポート設定] タブの表示です。

  7. [コンフィギュレーション パラメーター] で、Windows の Arduino デバイスと一致するように、[COM ポート番号][Serial 0 baud rate] を更新します。

  8. [OK] をクリックし、モデルを保存します。

Mac OS X での COM ポートの構成

Mac OS X で COM ポート設定を手動で構成するには、以下の手順を実行します。

  1. モデルで [ツール] メニューをクリックして、[ターゲット ハードウェアで実行][オプション] を選択します。

  2. [ターゲット ハードウェアで実行] ペインで、[Set host COM port] パラメーターを [Manually] に変更して、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログを開いたままにします。

  3. Mac OS X で、ターミナル ウィンドウを開き、以下のコマンドを入力します。

    ls /dev/cu.usb*

    このコマンドは、Arduino ハードウェアに接続された USB デバイスのパスとファイル名をリスト表示します。次に例を示します。

    /dev/cu.usbmodemfa131
  4. [コンフィギュレーション パラメーター] で、[COM ポート] を USB デバイスのパスとファイル名で更新します。たとえば、/dev/cu.usbmodemfa131 と入力します。

  5. [OK] をクリックし、モデルを保存します。

この情報は役に立ちましたか?