ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

XY Graph

MATLAB の figure ウィンドウに信号の X-Y プロットを表示

ライブラリ

Sinks

説明

XY Graph ブロックは、MATLAB® の Figure ウィンドウに入力の X-Y プロットを表示します。

ブロックには、2 つのスカラー入力があります。このブロックは、最初の入力データ (x 方向) と 2 番目の入力データ (y 方向) をプロットします (ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、「ブロックの回転方法」を参照してください)。このブロックは、リミット サイクルと他の 2 状態データの検証に役立ちます。指定された範囲外のデータは表示されません。

Figure ウィンドウは、シミュレーションの開始時にモデルの XY Graph ブロックごとに表示されます。

サポートするデータ型

XY Graph ブロックは次のデータ型の実数信号を受け入れます。

  • 浮動小数点

  • 組み込み整数

  • 固定小数点

  • boolean

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

x 最小値

x 軸の最小値を指定します。既定の設定は -1 です。

x 最大値

x 軸の最大値を指定します。既定の設定は 1 です。

y 最小値

y 軸の最小値を指定します。既定の設定は -1 です。

y 最大値

y 軸の最大値を指定します。既定の設定は 1 です。

サンプル時間

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 サンプル時間の指定」を参照してください。

次のモデルはモデルはx-y 平面の原点に中心をもつ、半径 4 の円を定義する点を計算します。

モデルのシミュレーションを実行すると、Figure ウィンドウが表示されます。

特性

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

状態数

0

ゼロクロッシング検出

いいえ

この情報は役に立ちましたか?