ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

whos

最上位のデータ ログ オブジェクトの名前と型を Simulink データ ログにリストする

構文

log.whos
tsarray.whos
log.whos('systems')
log.whos('all')

説明

log.whos または whos(log) は、log に含まれる最上位の信号ログ処理オブジェクトの名前と型をリストします。ただし、logSimulink.ModelDataLogs オブジェクト名のハンドルです。

tsarray.whos または whos(tsarray) は、tsarray という名前の Simulink.TsArray オブジェクトに含まれている Simulink.TimeSeries オブジェクトの名前と型をリストします。

log.whos('systems') または whos(log, 'systems') は、log に含まれている Simulink.TsArray オブジェクトに格納されている Simulink.Timeseries オブジェクトを除く、log に含まれているすべての信号ログ処理オブジェクトの名前と型をリストします。

log.whos('all') または whos(log, 'all') は、log という名前の Simulink.ModelDataLogsSimulink.TsArray、または Simulink.SubsysDataLogs オブジェクトに含まれるすべての Simulink.Timeseries オブジェクトの名前と型をリストします。

whos のその他の使用法については、MATLAB® コマンド ウィンドウで help whoshelp whos を実行してください。

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?