ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Unary Minus

入力の符号を反転

ライブラリ

Math Operations

説明

Unary Minus ブロックは、入力の符号を反転します。

符号付き整数データ型の場合、負の最大値の単項マイナスはそのデータ型で表現できません。この場合、[整数オーバーフローで飽和] チェック ボックスがこのブロックの動作を制御します。

ユーザーの操作ブロックの動作それに伴う処理
このチェック ボックスをオンにする整数データ型の正の最大値に飽和されます。
  • 8 ビット符号付き整数の場合、-128 は 127 にマッピングされます。

  • 16 ビット符号付き整数の場合、-32768 は 32767 にマッピングされます。

  • 32 ビット符号付き整数の場合、-2147483648 は 2147483647 にマッピングされます。

このチェック ボックスをオンにしない整数データ型の負の最大値にラップされます。
  • 8 ビット符号付き整数の場合、-128 は -128 のままです。

  • 16 ビット符号付き整数の場合、-32768 は -32768 のままです。

  • 32 ビット符号付き整数の場合、-2147483648 は -2147483648 のままです。

サポートするデータ型

Unary Minus ブロックは、以下のデータ型の信号を受け入れ、出力します。

  • 浮動小数点

  • 符号付き整数

  • 固定小数点

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

サンプル時間 (継承は -1)

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 サンプル時間の指定」を参照してください。

[整数オーバーフローで飽和]

整数オーバーフローを飽和させるために選択します。このオプションを選択しないと、オーバーフローはラップします。

このチェック ボックスをオンにすると、飽和は出力や結果だけでなく、このブロックの内部演算すべてに適用されます。通常、オーバーフローが可能ではない場合は、コード生成プロセスで検出されます。この場合、コード ジェネレーターでは飽和コードは生成されません。

特性

直接フィードスルー

なし

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

あり、入力または初期条件について

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

なし

この情報は役に立ちましたか?