ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Step

ステップ関数を生成

ライブラリ

Sources

説明

Step ブロックは、指定時間で 2 つの定義可能なレベル間のステップを提供します。シミュレーション時間が [ステップ時間] パラメーター値より小さい場合、ブロックの出力は [初期値] パラメーター値となります。シミュレーション時間が [ステップ時間] 以上の場合、出力は [最終値] パラメーター値となります。

スカラー拡張後、ブロックの数値パラメーターは同じ次元のパラメーターでなければなりません。[ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈] オプションをオフに設定すると、ブロックはパラメーターと同じ次元と次元数の信号を出力します。[ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈] オプションをオンにすると、数値パラメーターが行または列の 2 次元配列の場合、ブロックはベクトル (1 次元) 信号を出力します。そうでない場合、ブロックはパラメーターと同じ次元数と次元の信号を出力します。

サポートするデータ型

Step ブロックは、double データ型の実数信号を出力します。

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

ステップ時間

出力が [初期値] パラメーターから [最終値] パラメーターにジャンプする時間を秒単位で指定します。既定の設定は 1 秒です。

初期値

シミュレーション時間が [ステップ時間] パラメーターに到達するまでのブロック出力を指定します。既定の設定は 0 です。

最終値

シミュレーション時間が [ステップ時間] パラメーターに到達してそれを超えたときのブロック出力を指定します。既定の設定は 1 です。

サンプル時間

ステップのサンプルレートを指定します。詳細は、オンライン ドキュメンテーションの「 サンプル時間の指定」を参照してください。

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

このオプションを選択した場合、Step ブロックの数値パラメーターの列行列または行行列の値はベクトル出力信号を生じます。そうでない場合、ブロックはパラメーターと同じ次元数の信号を出力します。このオプションを選択しなかった場合、ブロックはブロックの数値パラメーターと同じ次元数の信号を常に出力します。Simulink ドキュメンテーションの「ソース ブロックの出力の次元の決定」を参照してください。

ゼロクロッシング検出を有効にする

ゼロクロッシング検出を有効にする場合は選択します。詳細は、「ゼロクロッシング検出」を参照してください。

次の Simulink の例では、Step ブロックの使用方法を示します。

特性

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

あり、パラメーターによる

離散化

あり

ゼロクロッシング検出

有効な場合、あり

参考

Ramp

この情報は役に立ちましたか?