ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.VariableUsage クラス

パッケージ: Simulink

ワークスペース変数とそれを使用するブロックについての情報を取得

ヒント

Simulink.VariableUsage コンストラクターのみが Simulink.VariableUsage オブジェクトの任意のフィールド値を設定できます。設定しない場合、フィールドは読み取り専用になります。

説明

Simulink.VariableUsage オブジェクトを作成して、ワークスペース変数の属性を取得し、変数を使用するブロックを特定します。

構築

以下のように Simulink.VariableUsage オブジェクトを作成します。

var = Simulink.VariableUsage (VarName, WkspName)。両方の引数は文字列で、Name VarNameWorkspace WkspName をもつ Simulink.VariableUsage オブジェクトを返します。この入力はモデルに存在している必要はありません。Simulink® が自動的に WorkspaceType を提供します。

vars = Simulink.VariableUsage (VarNames, WkspName)。ここで VarNames は文字列のセル配列で、それぞれ指定された名前と Workspace = WkspName をもつ Simulink.VariableUsage オブジェクトのベクトルを返します。

プロパティ

Name

Simulink.VariableUsage オブジェクトによって記述される変数名

Source

変数があるワークスペースの名前。次に例を示します。

Workspace意味
'base workspace'MATLAB® ベース ワークスペース
'MyModel'モデル MyModel のモデル ワークスペース
'MyModel/Mask1'モデル MyModel のマスク ブロック Mask1 のマスク ワークスペース。

SourceType

変数が存在するワークスペースの型。可能な値は次のとおりです。

  • 'base workspace'

  • 'model'

  • 'mask'

Users

文字列のセル配列。各文字列は、変数を使用するブロックに名前を付けます。このフィールドは、Simulink.findVars によって自動入力されます。

メソッド

[VarsOut] = VarsIn1.setdiff (VarsIn2)setdiff を呼び出して、VarsIn1VarsIn2 の差を返します。引数と戻り値は Simulink.VariableUsage オブジェクトのベクトルです。

[VarsOut] = VarsIn1.intersect (VarsIn2)intersect を呼び出して、VarsIn1VarsIn2 の共通部分を返します。引数と戻り値は Simulink.VariableUsage オブジェクトのベクトルです。

'k' 変数のSimulink.VariableUsage オブジェクトをベース ワークスペースに作成します。

var = Simulink.VariableUsage('k', 'base workspace');

Simulink.VariableUsage オブジェクトのベクトルを返します。who で返される変数ごとに 1 つのオブジェクトを返します。

[vars] = Simulink.VariableUsage (who,  WkspName)
 

Simulink.VariableUsage オブジェクトのベクトルを返します。whos で返される変数ごとに 1 つのオブジェクトを返します。

[vars] = Simulink.VariableUsage (who,  WkspName)
 

すべての変数を記述する Simulink.VariableUsage オブジェクトのベクトルをモデル ワークスペースに作成します。

hws = get_param('mymodel', 'ModelWorkspace');
vars = Simulink.VariableUsage(hws.whos, 'MyModel')
 

すべての変数を記述する Simulink.VariableUsage オブジェクトのベクトルをマスク ワークスペースに作成します。

maskVars = get_param('mymodel/maskblock', 'MaskWSVariables');
vars = Simulink.VariableUsage(maskVars, 'mymodel/maskblock');

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?