ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SubSystem.getChecksum

非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す

構文

[checksum,details] = Simulink.SubSystem.getChecksum(subsys)

説明

[checksum,details] = Simulink.SubSystem.getChecksum(subsys) は、指定された非バーチャル サブシステムのチェックサムを返します。Simulink® は、サブシステムのパラメーター設定とそのサブシステムに含まれているブロックに基づいて、チェックサムを計算します。

このコマンドの使用法の 1 つは、サブシステム用に生成されたコードが再利用される理由を調べることです。たとえば、Simulink Coder™「サブシステム コードが再利用されない理由」を参照してください。

    メモ:   Simulink.SubSystem.getChecksum は、モデルがまだコンパイルされていない場合、指定したサブシステムを含むモデルをコンパイルします。複数のサブシステムのチェックサムを取得し、複数のコンパイルを回避する場合は、model([], [], [], 'compile') コマンドを使用してモデルをコンパイルしてから Simulink.SubSystem.getChecksum を使用します。

このコマンドは、引数 subsys を受け取ります。これは、チェックサム データを返す非バーチャル サブシステムのブロックの完全な名前またはハンドルです。

このコマンドは、次を返します。

  • checksum — 形式の構造。

    Value: [4x1 uint32]
    MarkedUnique: [bool]
    • Value — サブシステムの 128 ビット チェックサムを表す 32 ビット整数の配列。

    • MarkedUnique — サブシステムまたはサブシステムに含まれるブロックがサブシステム用に生成されたコードを再利用しない場合は true、そうでない場合は false。

  • details — 形式の構造。

    ContentsChecksum: [1x1 struct]
    InterfaceChecksum: [1x1 struct]
    ContentsChecksumItems: [nx1 struct]
    InterfaceChecksumItems: [mx1 struct]
    • ContentsChecksum — システム内のすべてのブロックに関する情報を与えるチェックサムを表す checksum と同じ形式の構造体。

    • InterfaceChecksum — サブシステムのブロック パラメーターと接続に関する情報を与えるチェックサムを表す checksum と同じ形式の構造体。

    • ContentsChecksumItems および InterfaceChecksumItems — Simulink が ContentsChecksum および InterfaceChecksum のチェックサムを計算するために使う情報を含む以下の形式の構造体配列。

      Handle: [char array]
      Identifier: [char array]
      Value: [type]
      
      • Handle — Simulink がチェックサムに項目を追加したオブジェクト。ブロックについては、ハンドルはブロックの絶対パスです。ブロックの端子については、ハンドルはブロックの絶対パスで端子を識別する文字列です。

      • Identifier — Simulink がチェックサムに加えた項目の記述子。項目が記述されたパラメーターである場合、記述子はパラメーター名です。

      • Value — Simulink がチェックサムに加えた項目の値。項目がパラメーターである場合は、Value は以下で返される値です。

        get_param(handle, identifier)

ヒント

構造的なチェックサムに影響を与える変更の種類の詳細は、Simulink.BlockDiagram.getChecksum ドキュメンテーションを参照してください。

参考

この情報は役に立ちましたか?