ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SoftwareTarget.WindowsEventHandler クラス

パッケージ: Simulink.SoftwareTarget

Windows ターゲットの非周期的トリガーを記述

説明

Simulink.SoftwareTarget.WindowsEventHandler クラスは Windows® ターゲットで 1 つまたは複数の信号の非周期的トリガーを記述します。

構築

非周期的トリガー オブジェクトの EventHandlerType を Event (Windows) に設定することによって Simulink.SoftwareTarget.WindowsEventHandler オブジェクトを作成します。このオブジェクトは副次的に作成され、非周期的トリガー オブジェクトの TargetObject プロパティに保存されます。

プロパティ

EventName

非周期的トリガーに関連付けられている名前。バックスラッシュ (‘\’) を除く有効な Windows パス名要素を指定します。パス名は MAX_PATH 文字に制限されています。

データ型:文字列

アクセス: 読み取り/書き込み

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、MATLAB® ドキュメンテーションの「オブジェクトのコピー」を参照してください。

Simulink.SoftwareTarget.WindowsEventHandler オブジェクトを作成します。

% Open demo model
sldemo_concurrent_execution 
% Access configuration set
configSet = getActiveConfigSet('sldemo_concurrent_execution'); 
% Access concurrent execution
taskConfig = configSet.concurrentExecutionComponents; 
% Add an aperiodic trigger
trigger = taskConfig.addAperiodicTrigger('MyTrigger');  
trigger.EventHandlerType = 'Event (Windows)'; 
% Specify custom target
% Access the custom target data
trigger.TargetObject 

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?