ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SoftwareTarget.Task クラス

パッケージ: Simulink.SoftwareTarget

同時実行の単位をモデル化するタスクを記述

説明

クラス Simulink.SoftwareTarget.Task は同時実行の単位をモデル化するタスクを記述します。

プロパティ

Color

タスク アイコンの色。

データ型:RGB の 3 要素の 3 つの倍精度のベクトル ([R,G,B])

アクセス: 読み取り専用

Name

タスク名。

データ型:文字列

アクセス: 読み取り/書き込み

Period

タスクの期間。この値は正の実数または正の比率でなければなりません。

データ型:実数

アクセス: 読み取り/書き込み

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、MATLAB® ドキュメンテーションの「オブジェクトのコピー」を参照してください。

sldemo_concurrent_execution モデルの Simulink.SoftwareTarget.Task オブジェクトを作成します。

% Load example model
sldemo_concurrent_execution  
% Access its configuration set
configSet = getActiveConfigSet('sldemo_concurrent_execution');  
% Access task configuration data
taskConfig = configSet.concurrentExecutionComponents; 
% Add a new task object
taskObject = taskConfig.Triggers(1).addTask('MyTask'); 
% Set the color of the task object
taskObject.Color = [1 0 0]; 
% Delete the task object
taskConfig.Triggers.deleteTask(taskObject); 

参考

操作のヒント

この情報は役に立ちましたか?