ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

Simulink.SoftwareTarget.profile

同時実行用に構成されたモデルのプロファイル オプション

構文

  • Simulink.SoftwareTarget.profile(modelName)
  • Simulink.SoftwareTarget.profile(modelName,numSamples)

説明

Simulink.SoftwareTarget.profile(modelName) は、同時実行用に構成されたモデルのプロファイル レポートを作成します。

Simulink.SoftwareTarget.profile(modelName,numSamples) は、プロファイル レポートを作成するためのサンプル数を指定します。次に同じモデル名のコマンドを呼び出すと、既存のプロファイル レポートが上書きされます。

すべて展開する

プロファイル レポートの生成

モデル sldemo_concurrent_execution のプロファイル レポートを生成します。

Simulink.SoftwareTarget.profile('sldemo_concurrent_execution');

このコマンドによって、現在のフォルダーに sldemo_concurrent_execution_ProfileReport.html ファイルが作成されます。

タイム ステップが 120 のプロファイル レポートを生成

タイム ステップが 120 のデータを使用して、モデル sldemo_concurrent_execution のプロファイル レポートを生成します。

Simulink.SoftwareTarget.profile('sldemo_concurrent_execution',120);

このコマンドによって、現在のフォルダーに sldemo_concurrent_execution_ProfileReport.html ファイルが作成されます。

入力引数

すべて展開する

modelName - プロファイルを作成するモデル文字列

プロファイルを作成するモデル。文字列で指定。同時実行用に構成されたモデルを指定します。

データ型:char

numSamples - タイム ステップ数100 (既定の設定) | 実数の正の整数

タイム ステップ数。実数の正の整数で指定。この値により、プロファイルを作成するモデルのデータを収集するためのステップ数が決定されます。

データ型:single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

この情報は役に立ちましたか?