ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.DiffSignalResult クラス

パッケージ: Simulink.sdi

2 つの信号の比較結果

説明

Simulink.sdi.DiffSignalResult オブジェクトは 2 つの信号の比較結果を管理します。Simulink.sdi.DiffSignalResult オブジェクトには信号の値の差、許容誤差データ、指定された同期方法の実行後のデータが含まれています。

構築

関数 Simulink.sdi.compareSignals は比較結果を含む Simulink.sdi.DiffSignalResult オブジェクトのハンドルを返します。

また、関数 Simulink.sdi.compareRunsSimulink.sdi.DiffRunResult オブジェクトを作成すると、次に Simulink.sdi.DiffSignalResult オブジェクトも作成します。

プロパティ

signalID1

信号 ID。比較された最初の信号を識別する一意の番号です。

signalID2

信号 ID。比較された 2 番目の信号を識別する一意の番号です。

match

指定された許容誤差および時間同期オプションに従って 2 つの timeseries オブジェクトが一致するかどうかを示す boolean。

diff

2 つの時系列データを同期した後の値の差を指定する MATLAB timeseries オブジェクト。

tol

同期された各時間点での実際の絶対許容誤差値を指定する MATLAB timeseries オブジェクト。

sync1

同期の適用後に時系列 1 を指定する MATLAB timeseries オブジェクト。

sync2

同期の適用後に時系列 2 を指定する MATLAB timeseries オブジェクト。

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、MATLAB® ドキュメンテーションの「オブジェクトのコピー」を参照してください。

この例ではシミュレーション データ インスペクターで 2 つの信号を比較した後に Simulink.sdi.DiffSignalResult オブジェクトが作成されます。

% Configure model "slexAircraftExample" for logging and simulate
simOut = sim('slexAircraftExample', 'SaveOutput','on', ...
             'SaveFormat', 'StructureWithTime', ...
             'ReturnWorkspaceOutputs','on');

% Create a Simulation Data Inspector run and get signal IDs
[~, ~, signalIDs] = Simulink.sdi.createRun('My Run','namevalue',{'MyData'},{simOut});

sig1 = signalIDs(1);
sig2 = signalIDs(2);

% Compare two signals, which returns the results in an instance of Simulink.sdi.DiffSignalResult
diff = Simulink.sdi.compareSignals(sig1, sig2);

% Find if the signals match
match = diff.match;
 
% Get the tolerance used in Simulink.sdi.compareSignals
tolerance = diff.tol;

参考

| |

操作のヒント

この情報は役に立ちましたか?