ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.addToRun

新しいシミュレーション データを既存の実行に追加する

構文

signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'base',{varName1,...,varNameN})
signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'model',modelNameOrHandle)
signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'vars',var1,...,varN)
signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'namevalue',{Name1,...,NameN},{Value1,...,ValueN})

説明

signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'base',{varName1,...,varNameN}) は、ベース ワークスペースからデータを使って実行を作成します。{var1Name,...,var2Name} は文字列のセル配列で、ベース ワークスペース内の変数の名前です。

signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'model',modelNameOrHandle) は、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データのインポート/エクスポート] ペインで指定したように、モデル シミュレーション データを使って実行を作成します。modelNameOrHandle はモデル名またはモデル ハンドルを指定する文字列です。この関数を呼び出すときは、モデルが開いていなければなりません。

signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'vars',var1,...,varN) は、変数 var1,...,varN として保存されたデータを使って実行を作成します。これらの変数は呼び出されるワークスペース内にあると仮定されます。

signalIDs = Simulink.sdi.addToRun(runID,'namevalue',{Name1,...,NameN},{Value1,...,ValueN}) は、シミュレーション データ Value1 から実行を作成し、実行内のデータの名前 Name1 を指定できます。

入力引数

runID

実行 ID。シミュレーション データ インスペクター内の実行を識別する固有の番号。

出力引数

signalIDs

数字の配列。ここで、各要素は実行に追加される信号の固有の ID です。

ベース ワークスペースからシミュレーション データを追加します。

% Configure model "slexAircraftExample" for logging and simulate
simOut = sim('slexAircraftExample','SaveOutput','on','SaveFormat', ...
             'StructureWithTime','ReturnWorkspaceOutputs','on');

% Create a Simulation Data Inspector run
runID = Simulink.sdi.createRun('My Run')

% Add simulation output from the base workspace
Simulink.sdi.addToRun(runID,'base',{'simOut'});

% See the results in Simulation Data Inspector
Simulink.sdi.view;

モデル内で指定したようにシミュレーション データを追加します。

sldemo_absbrake;
 
% Run simulation using the Simulink menu or the toolbar.
% Create a Data Inspector run
runID = Simulink.sdi.createRun('My Run');
Simulink.sdi.addToRun(runID, 'model', 'sldemo_absbrake');
 
% See the results in Simulation Data Inspector
Simulink.sdi.view;

変数を Simulink.sdi.addToRun に直接渡し、シミュレーション データを追加します。

% Configure model "slexAircraftExample" for logging and simulate
simOut = sim('slexAircraftExample','SaveOutput','on','SaveFormat', ...
             'StructureWithTime','ReturnWorkspaceOutputs','on');

% Create a Simulation Data Inspector run
runID = Simulink.sdi.createRun('My Run');
Simulink.sdi.addToRun(runID,'vars',simOut);

% See the results in Simulation Data Inspector
Simulink.sdi.view;

シミュレーション データを追加し、データに名前を付けます。

% Configure model "slexAircraftExample" for logging and simulate
simOut = sim('slexAircraftExample','SaveOutput','on', ...
             'SaveFormat','StructureWithTime', ...
             'ReturnWorkspaceOutputs','on');

% Create a Simulation Data Inspector run
runID = Simulink.sdi.createRun('My Run');
% Name simulation output passed to Simulink.sdi.addToRun
Simulink.sdi.addToRun(runID, 'namevalue', {'MyData'}, {simOut});

% See the results in Simulation Data Inspector
Simulink.sdi.view;

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?