ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.ScopeDataLogs

Scope 信号ビューアーに表示されたデータのログを作成

説明

    メモ:   Simulink.ScopeDataLogs クラスは、ModelDataLogs ログ データ形式と組み合わせて使用します。下位互換性のために ModelDataLogs 形式がサポートされています。ModelDataLogs 形式は将来のリリースで削除される予定です。

    新規のモデルでは、Dataset ログ形式を使用します。信号ログに Dataset 形式を使用する場合、Simulink® では信号ビューアーでログを記録するように構成された信号のログを生成しません。信号のログを生成するように信号を明示的にマークするには、[信号プロパティ] ダイアログ ボックスを使用します。[信号プロパティ] ダイアログ ボックスにアクセスするには、信号を右クリックして、コンテキスト メニューの [プロパティ] を選択します。

Simulink は、このクラスのインスタンスを作成して、スコープ ビューアーに表示されるログ データを作成します (「結果の可視化」を参照)。特に、モデルに対しデータ ログが可能な場合、Simulink は各スコープ ビューアーに対してこのクラスのインスタンスを作成し、モデルにおいてログが可能となります。インスタンスをモデルの Simulink.ModelDataLogs オブジェクトのプロパティに割り当てます。各ビューアーに対して作成されるインスタンスは、Name プロパティをもちます。そのプロパティ値は、ビューアーのパラメーター ダイアログ ボックスの [履歴] ペインに指定された名前です (詳細は、「Scope」を参照)。インスタンスは、Axes1Axes2 などのラベルが付いたスコープの軸のそれぞれに対して、axes プロパティももちます。各軸のプロパティの値は、それ自身、軸上に表示された信号ごとに 1 つの Simulink.Timeseries オブジェクトを含む Simulink.ScopeDataLogs オブジェクトです。時系列オブジェクトは、軸上に表示される信号データを含みます。

たとえば、次のようなモデルを考えてみましょう (openopen)

このモデルは、信号 out1out2 を、一組だけ軸をもつ 1 つのスコープ ビューアー上に表示します。

このモデルは、スコープ ビューアーが変数名 ScopeData でデータ ログ可能とし、モデルが既定の変数名 logsout で全体としてデータ ログ可能とします。

モデルのシミュレーション後、MATLAB® ワークスペースは、logsout という名前の Simulink.ModelDataLogs オブジェクトを含みます。Simulink.ModelDataLogs オブジェクトは、Simulink.ScopeDataLogs オブジェクトを含みます。さらに、Simulink.ScopeDataLogs オブジェクトは、Simulink.ScopeDataLogs オブジェクトを含みます。Simulink.ScopeDataLogs オブジェクトは、信号 out1out 2 に対する時系列データを含む Simulink.Timeseries オブジェクトを含みます。

Simulink データ オブジェクトのドット表記を使用して、たとえば、次のようにデータにアクセスすることができます。

>> logsout.ScopeData.axes1
 
ans =
 
Simulink.ScopeDataLogs (axes1):
  Name                   elements  Simulink Class

  out1                      1      Timeseries
  out2                      1      Timeseries
この情報は役に立ちましたか?