ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.NumericType

説明

このクラスによって、以下のようにデータ型を指定できます。

  1. MATLAB® のベース ワークプレースまたはモデル ワークプレースでこのクラスのインスタンスを作成します。モデル ワークプレースで数値型を作成するには、[エイリアスの有無] オプションを無効にする必要があります。

  2. オブジェクトのプロパティにカスタム データ型のプロパティを設定します。

  3. データ型に一致させたいモデルのすべての信号とパラメーターにこのデータ型を割り当てます。

この方法でデータ型を割り当てると、モデル内の信号とパラメーターのデータ型を、それらを記述するオブジェクトのプロパティを変更することによって変更できます。モデル自体を変更する必要はありません。

プロパティ ダイアログ ボックス

[データ型モード]

この数値型のデータ型。次のオプションがあります。

オプション

説明

Double

MATLAB double 型と同様。

Single

MATLAB single 型と同様。

Boolean

MATLAB boolean 型と同様。

Fixed-point:unspecified scaling

スケーリングが指定されていない固定小数点データ型。

Fixed-point:binary point scaling

バイナリポイント スケーリングが指定されている固定小数点データ型。

Fixed-point:slope and bias scaling

勾配とバイアス スケーリングが指定されている固定小数点データ型。

データ型モードを選択すると、Simulink® は、モードに適用するダイアログ ボックス (下記参照) の他のコントロールを有効にし、適用しない他のコントロールを無効にします。固定小数点データ型モードを選択すると、選択した他のダイアログ ボックス オプションに応じて、Fixed-Point Designer™ オプションがインストールされているシステムでのみモデルが実行されます。

データ型のオーバーライド

この数値型のデータ型オーバーライド設定。次のオプションがあります。

オプション

説明

[Inherit] (既定の設定)

この数値型を使用するコンテキスト (Simulink のブロック、信号、Stateflow チャート) のデータ型オーバーライド設定がこの数値型に適用されます

[Off]

データ型オーバーライド設定はこの数値型に影響を与えません。

[エイリアスの有無]

このオプションがワークスペース オブジェクトに対して選択されると、Simulink は、そのデータ型として指定するすべてのオブジェクトに対するデータ型としてオブジェクト名を使います。そうでない場合、Simulink は、データ型のデータ型モードを名前として使うか、あるいは、データ型モードが固定小数点モードである場合、Simulink はそのデータ型のプロパティをエンコードする名前を生成し、Fixed-Point Designer 製品で指定されるエンコードを使います。

データ スコープ

コード生成時にヘッダー ファイルからデータ型定義をインポートまたはエクスポートするかを指定します。可能な値は次のとおりです。

アクション
Auto (既定)[ヘッダー ファイル] に値を指定しなかった場合は型定義を model_types.h にエクスポートします (model はモデル名)。

[ヘッダー ファイル] に値を指定した場合は指定されたヘッダー ファイルからデータ型定義をインポートします。
Exported[ヘッダー ファイル] に指定可能なヘッダー ファイルに、データ型定義をエクスポートします。[ヘッダー ファイル] に値を指定しなかった場合、ヘッダー ファイル名の既定の設定は type.h となります (type はデータ型名)。
Imported[ヘッダー ファイル] に指定可能なヘッダー ファイルから、データ型定義をインポートします。[ヘッダー ファイル] に値を指定しなかった場合、ヘッダー ファイル名の既定の設定は type.h となります (type はデータ型名)。

[ヘッダー ファイル]

[データ スコープ] の値に応じてデータ型定義のインポートまたはエクスポートを行う、C ヘッダー ファイルの名前です。このフィールドに値が指定されている場合、指定された名前は、インポートまたはエクスポートのコード生成時に使用されます。このフィールドを空白とした場合の既定の設定は、[データ スコープ]Imported または Exported の場合は type.h となり、[データ スコープ]Auto の場合は model_types.h となります。

[説明]

このデータ型の説明。このフィールドは、このデータ型の記録に使用します。Simulink はこれを無視します。

[符号付き/なし]

データ型が符号付きか符号なしかどうかを指定、または符号付き/なしを継承します。オプションを [符号付き][符号なし]、または [Auto] に設定します。このオプションは、固定小数点データ型モードに対してのみ利用可能です。

[語長]

固定小数点データ型のビット単位の語長。このオプションは、固定小数点データ型モードに対してのみ利用可能です。

[小数部の長さ]

バイナリ ポイントの右側のビット数。このオプションは、データ型モードが [Fixed-point: binary point scaling] の場合のみ有効です。

[勾配]

勾配とバイアス スケーリングに対する勾配。このオプションは、データ型モードが [Fixed-point: slope and bias scaling] の場合のみ有効です。

[バイアス]

勾配とバイアス スケーリングに対するバイアス。このオプションは、データ型モードが [Fixed-point: slope and bias scaling] の場合のみ有効です。前の図を参照してください。

プロパティ

名前

アクセス

説明

Bias

RW

固定小数点データ型の勾配とバイアス スケーリングに使用されるバイアス。このフィールドは、Fixed-Point Designer 製品によって使用されることを意図しています(バイアス)。

DataScope

RW

コード生成時にヘッダー ファイルからデータ型定義をインポートまたはエクスポートするかを指定する文字列(データ スコープ)。

DataTypeMode

RW

この数値型のデータ型モードを指定する文字列。有効な値は 'Double''Boolean''Single''Fixed-point: unspecified scaling''Fixed-point: binary point scaling'、および 'Fixed-point: slope and bias scaling' です (データ型モード)。

DataTypeOverride

RW

データ型オーバーライド モードを指定する文字列。有効な値は Inherit および Off です。(データ型のオーバーライド)

Description

RW

このデータ型の説明 (説明)。

Fixedexponent

RW

バイナリ ポイント スケーリングに使用する指数。このプロパティは、-FractionLength と同じです。このプロパティを設定すると、Simulink が FractionLengthSlope プロパティを設定します。この逆の場合もあります。このプロパティは、[DataTypeMode][Fixed-point: binary point scaling] または [Fixed-point: slope and bias scaling] の場合のみ表示されます。オブジェクトのプロパティ ダイアログには表示されませんが、MATLAB コマンド プロンプトからはアクセス可能です。

FractionLength

RW

固定小数点数の小数部分のビット単位でサイズを指定する整数。このプロパティは、-Fixedexponent と同じです。このプロパティを設定すると、Simulink がそれに応じて Fixedexponent プロパティを設定します。この逆の場合もあります。このフィールドは、Fixed-Point Designer 製品によって使用されることを意図しています(小数部の長さ)。

HeaderFile

RW

コード生成時にデータ型定義のインポートまたはエクスポートを行う、C ヘッダー ファイルの名前を指定する文字列(ヘッダー ファイル)。

IsAlias

RW

このオブジェクトの名前をこのオブジェクトが指定するデータ型の名前として使用するかどうかを指定する整数。有効な値は 1 (yes) または 0 (no) です (エイリアスの有無)。

Signedness

RW

データ型が符号付き、符号なし、または符号付き/なしを継承するかどうかを指定する Boolean。有効な値は 1 (符号付き)、0 (符号なし)、または Auto (符号付き/なしを継承) です (符号付き/なし)。

Slope

RW

固定小数点数の勾配とバイアス スケーリングのための勾配。このプロパティは、SlopeAdjustmentFactor * 2^Fixedexponent と同じです。SlopeAdjustmentFactor が 1.0 の場合、Simulink は、このフィールドの値を 2^SlopeAdjustmentFactor として表示します。そうでない場合は、数値として表示されます。このプロパティを設定すると、Simulink がそれに応じて Fixedexponent および SlopeAdjustmentFactor プロパティを設定します。この逆の場合もあります。このプロパティは、[DataTypeMode][Fixed-point: slope and bias scaling] の場合のみ表示されます。(勾配)。

SlopeAdjustmentFactor

RW

固定小数点数の勾配とバイアス スケーリングのための勾配。このプロパティを設定すると、それに応じて Simulink が Slope プロパティを調整します。逆の場合もあります。このプロパティは、[DataTypeMode][Fixed-point: slope and bias scaling] の場合のみ表示されます。オブジェクトのプロパティ ダイアログには表示されませんが、MATLAB コマンド プロンプトからはアクセス可能です。

WordLength

RW

このデータ型のワード サイズを指定する整数。このフィールドは、Fixed-Point Designer 製品によって使用されることを意図していますこのプロパティは、[DataTypeMode]Fixed-point の場合にのみ表示されます(語長)。

メソッド

名前説明

isboolean

データ型が Boolean かどうかを判定します。

[DataTypeMode]'Boolean' の場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

isdouble

データ型が倍精度かどうかを判定します。

[DataTypeMode]'Double' の場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

isfixed

データ型が固定小数点かどうかを判定します。

DataTypeMode が固定小数点数オプションの場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。固定小数点数オプションには以下のものがあります。

  • 'Fixed-point: unspecified scaling'

  • 'Fixed-point: binary point scaling'

  • 'Fixed-point: slope and bias scaling'

isfloat

データ型が浮動小数点かどうかを判定します。

[DataTypeMode]'Double' または 'Single' の場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

isscalingbinarypoint

データ型に 2 進小数点スケーリングがあるかどうかを判定します。

データ型に 2 進小数点スケーリング、または自明の勾配とバイアス スケーリングがある場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。勾配が 2 の整数の累乗で、バイアスが 0 の場合、勾配とバイアス スケーリングは自明です。

[DataTypeMode]'Fixed-point: binary point scaling' です。

isscalingslopebias

データ型に非自明勾配とバイアス スケーリングがあるかどうかを判定します。

データ型に非自明勾配とバイアス スケーリングがある場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。勾配が 2 の整数の累乗で、バイアスが 0 の場合、勾配とバイアス スケーリングは自明です。

[DataTypeMode]'Fixed-point: slope and bias scaling' です。

isscalingunspecified

データ型に指定されていないスケーリングがあるかどうかを判定します。

データ型が固定小数点でスケーリングが指定されていない場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

[DataTypeMode]'Fixed-point: unspecified scaling' です。

issingle

データ型が単精度かどうかを判定します。

[DataTypeMode]'Single' の場合 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

参考

Embedded Coder® ドキュメンテーションの「Generate Code Including User-Defined Data Types」

この情報は役に立ちましたか?