ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.GlobalDataTransfer クラス

パッケージ: Simulink

同時実行データ転送の設定

説明

Simulink.GlobalDataTransfer オブジェクトにはモデルの同時実行に関するデータ転送情報が含まれています。このクラスのプロパティにアクセスするには、関数 get_param を使用してこのクラスのハンドルを取得し、ドット表記を使用してプロパティにアクセスします。以下に例を示します。

dt=get_param(gcs,'DataTransfer');
dt.DefaultTransitionBetweenContTasks

ans =

Ensure deterministic transfer (minimum delay)

プロパティ

DefaultTransitionBetweenSyncTasks

信号の伝播元と伝播先が 2 つの異なる周期的タスクにある場合のデータ転送処理オプションのグローバル設定。

データ型:列挙型。次のいずれかです。

  • 'Ensure data integrity only'

  • 'Ensure deterministic transfer (maximum delay)'

アクセス: 読み取り/書き込み

DefaultTransitionBetweenContTasks

連続サンプル時間をもつ信号のデータ転送処理オプションのグローバル設定。

データ型:列挙型。次のいずれかです。

  • 'Ensure data integrity only'

  • 'Ensure deterministic transfer (maximum delay)'

アクセス: 読み取り/書き込み

DefaultExtrapolationMethodBetweenContTasks

連続サンプル時間をもつ信号のデータ転送外挿法のグローバル設定。

データ型:列挙型。次のいずれかです。

  • 'None'

  • 'Zero Order Hold'

  • 'Linear'

  • 'Quadratic'

アクセス: 読み取り/書き込み

AutoInsertRateTranBlk

連続タスクと連続タスク間の遷移を構成するためのデータ転送の外挿法の設定。

データ型:boolean。次のいずれかです。

  • 0

  • 1

アクセス: 読み取り/書き込み

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、MATLAB® ドキュメンテーションの「オブジェクトのコピー」を参照してください。

このクラスのプロパティにアクセスします。

dt=get_param(gcs,'DataTransfer');
dt.DefaultTransitionBetweenContTasks

ans =

Ensure deterministic transfer (minimum delay)

参考

操作のヒント

この情報は役に立ちましたか?