ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.DualScaledParameter

Simulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位、その他のプロパティの指定

説明

このクラスは、同じ物理値の 2 つのスケール値を保存するオブジェクトを定義できるように、Simulink.Parameter クラスを拡張します。たとえば、温度測定の場合は、指定した計算方式で定義されている変換を使用して華氏のスケールと摂氏のスケールを保存できます。一方のスケール値を指定すると、Simulink.DualScaledParameter は計算方法を使用してもう一方のスケール値を計算します。

2 つのスケール パラメーターには次が含まれています。

  • キャリブレーション値。優先して使用する値です。

  • メイン値。Simulink® で使用する実際値です。

  • 内部に格納された整数値。組み込みコードで使用される値です。

シミュレーションとコード生成の両方のモデルで Simulink.DualScaledParameter オブジェクトを使用できます。計算方法によるコード生成の前に、パラメーターで内部値が計算されます。このオフラインの計算により、効率的なコードが生成されます。

キャリブレーション値を指定すると、計算方法を使用してメイン値が計算されます。このメソッドは、1 次有理関数にすることができます。

  • x はキャリブレーション値です。

  • y はメイン値です。

  • a および b は、CalToMain 計算分子の係数です。

  • c および d は、CalToMain 計算分母の係数です。

キャリブレーションの最小値と最大値を指定すると、メイン値の最小値と最大値が計算されます。Simulink では、パラメーター値の範囲チェックが実行されます。パラメーター オブジェクトの値が、指定した最小値と最大値およびデータ型に対応する範囲外であるときに警告が表示されます。

[Simulink.DualScaledParameter] ダイアログ ボックスを使用して、Simulink.DualScaledParameter オブジェクトを定義できます。ダイアログ ボックスを開くには以下の手順に従います。

  1. モデル エクスプローラーで、ベース ワークスペースまたはモデル ワークスペースを選択し、[追加][カスタムの追加] を選択します。

  2. [モデル エクスプローラー — オブジェクトを選択] ダイアログ ボックスで、[オブジェクト クラス][Simulink.DualScaledParameter] に設定します。

プロパティ ダイアログ ボックス

[メイン属性] タブ

このタブには、Simulink.Parameter クラスから継承されたプロパティが表示されます。詳細は、Simulink.Parameter を参照してください。

[キャリブレーション属性] タブ

キャリブレーション値

パラメーターのキャリブレーション値。優先して使用する値です。既定値は [] (指定なし) です。有限で実数の double 値を指定します。

[キャリブレーション値] を指定する前に、[CalToMain 計算分子][CalToMain 計算分母] を指定して計算方法を定義しなければなりません。このパラメーターでは、その計算方法とキャリブレーション値を使用して、Simulink で使用するメイン値を計算します。

キャリブレーション最小値

キャリブレーション パラメーターの最小値。既定値は [] (指定なし) です。有限で実数の double のスカラー値を指定します。

[キャリブレーション最小値] を指定する前に、[CalToMain 計算分子][CalToMain 計算分母] を指定して計算方法を定義しなければなりません。このパラメーターでは、計算方法とキャリブレーション最小値を使用して、Simulink で使用する最小値と最大値を計算します。1 次有理関数は厳密に単調で、増加または減少のどちらかです。増加する場合、キャリブレーション最小値を設定すると、メイン最小値が設定されます。減少する場合、キャリブレーション最小値を設定すると、メイン最大値が設定されます。

パラメーター値が最小値よりも小さいか、最小値がパラメーターのデータ型の範囲外である場合、Simulink で警告が生成されます。このような場合は、ブロック線図を更新したり、シミュレーションを開始すると、Simulink でエラーが生成されます。

キャリブレーション最大値

キャリブレーション パラメーターの最大値。既定値は [] (指定なし) です。有限で実数の double のスカラー値を指定します。

[キャリブレーション最大値] を指定する前に、[CalToMain 計算分子][CalToMain 計算分母] を指定して計算方法を定義しなければなりません。このパラメーターでは、計算方法とキャリブレーション最大値を使用して、Simulink で使用する対応する最大値と最小値を計算します。1 次有理関数は厳密に単調で、増加または減少のどちらかです。増加する場合、キャリブレーション最大値を設定すると、メイン最大値が設定されます。減少する場合、キャリブレーション最大値を設定すると、メイン最小値が設定されます。

パラメーター値が最小値よりも小さいか、最小値がパラメーターのデータ型の範囲外である場合、Simulink で警告が生成されます。このような場合は、ブロック線図を更新したり、シミュレーションを開始すると、Simulink でエラーが生成されます。

Cal2Main 計算分子

線形 1 次方程式の分子係数 a および b を指定します。

既定値は [] (指定なし) です。a および b の有限で実数の double のスカラー値を指定します。たとえば、[1 1] または逆数スケーリングの場合は 1 のようにします。

Cal2Main 計算分子は一度適用すると、変更できません。

Cal2Main 計算分母

線形 1 次方程式の分母係数 c および d を指定します。

既定値は [] (指定なし) です。c および d の有限で実数の double のスカラー値を指定します。たとえば、[1 1] とします。

Cal2Main 計算分母は一度適用すると、変更できません。

キャリブレーション名

キャリブレーション パラメーターの名前を指定します。既定値は '' です。'T1' などの文字列値を指定します。

キャリブレーション単位

このキャリブレーション値の測定単位を指定します。このフィールドは、このパラメーターの説明を記述するためのものです。既定値は '' です。'Fahrenheit' などの文字列値を指定します。

コンフィギュレーションの有効性

Simulink は、コンフィギュレーションが有効かどうかを示します。既定値は true です。Simulink でコンフィギュレーションの問題が検出されると、このフィールドは false に設定され、[診断メッセージ] フィールドに情報が示されます。このフィールドは設定できません。

診断メッセージ

無効なパラメーター設定を指定すると、Simulink ではこのフィールドにメッセージが表示されます。診断情報を使用して、無効なコンフィギュレーションの問題を修正することができます。このフィールドは設定できません。

プロパティ

名前

アクセス

説明

CalibrationValue

RW

このパラメーターのキャリブレーション値 (キャリブレーション値)。

CalibrationMin

RW

このパラメーターのキャリブレーション値 (キャリブレーション最小値)。

CalibrationMax

RW

このパラメーターのキャリブレーション最大値 (キャリブレーション最大値)。

CalToMainCompuNumerator

RW

計算方法の分子係数 (CalToMain 計算分子)。

CalToMainCompuNumerator は一度適用すると、変更できません。

CalToMainCompuDenominator

RW

計算方法の分母係数 (CalToMain 計算分母)。

CalToMainCompuDenominator は一度適用すると、変更できません。

CalibrationName

RW

キャリブレーション パラメーターの名前 (キャリブレーション名)。

CalibrationDocUnits

RW

このパラメーターの値を表す測定単位 (キャリブレーション単位)。

IsConfigurationValid

RO

コンフィギュレーションの有効性に関する情報 (コンフィギュレーションの有効性)

DiagnosticMessage

RO

コンフィギュレーションが無効な場合、この問題を修正する際に役立つ診断情報 (診断メッセージ)。

2 つのスケール パラメーターの作成および更新

温度を華氏と摂氏の両方で保存する Simulink.DualScaledParameter オブジェクトを作成します。

Simulink.DualScaledParameter オブジェクトを作成します。

Temp = Simulink.DualScaledParameter;

華氏と摂氏を変換する計算方法を設定します。

Temp.CalToMainCompuNumerator = [1 -32];  
Temp.CalToMainCompuDenominator = [1.8];

華氏で表示する温度の値を設定します。

Temp.CalibrationValue = 212
Temp = 

  DualScaledParameter with properties:

             CalibrationValue: 212
               CalibrationMin: []
               CalibrationMax: []
      CalToMainCompuNumerator: [1 -32]
    CalToMainCompuDenominator: 1.8000
              CalibrationName: ''
          CalibrationDocUnits: ''
         IsConfigurationValid: 1
            DiagnosticMessage: ''
                        Value: 100
                    CoderInfo: [1x1 Simulink.CoderInfo]
                  Description: ''
                     DataType: 'auto'
                          Min: []
                          Max: []
                     DocUnits: ''
                   Complexity: 'real'
                   Dimensions: [1 1]

Simulink.DualScaledParameter では、Simulink で使用する値を表す Temp.Value が計算されます。Temp.CalibrationValue212 (華氏の度数) であるため、Temp.Value100 (摂氏の度数) となります。

値に名前を付け、単位を指定します。

Temp.CalibrationName = 'TempF';
Temp.CalibrationDocUnits = 'Fahrenheit';

キャリブレーション最小値と最大値を設定します。

Temp.CalibrationMin = 0;
Temp.CalibrationMax = 300;

この許容範囲外のキャリブレーション値を指定すると、Simulink で警告が生成されます。

Simulink で使用する単位を指定します。

Temp.DocUnits = 'Celsius';

[Simulink.DualScaledParameter] ダイアログ ボックスを開きます。

open Temp

[キャリブレーション属性] タブには、指定したキャリブレーション値と計算方法が表示されます。

ダイアログ ボックスで、[メイン属性] タブをクリックします。

このタブには、Simulink で使用される値に関する情報が表示されます。

参考

この情報は役に立ちましたか?