ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Bus.cellToObject

バスの情報を含むセル配列をバス オブジェクトに変換

構文

Simulink.Bus.cellToObject(busCells)

説明

Simulink.Bus.cellToObject(busCells) は、バス情報のセル配列から MATLAB® ベース ワークスペース内にバス オブジェクトのセットを作成します。逆関数は Simulink.Bus.objectToCell です。

入力引数

busCells

セル配列のセル配列です。下位の配列はそれぞれバス オブジェクトを表し、以下のデータを含みます。

{BusName, HeaderFile, Description, DataScope, Alignment, Elements}

Elements フィールドは、各要素について以下のデータを含む配列です。

{ElementName, Dimensions, DataType, 
SampleTime, Complexity, SamplingMode, DimensionsMode, Min, Max, DocUnits, Description}

参考

| | | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?