ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BlockDiagram.getSampleTimes

モデルに関連付けられているすべてのサンプル時間を返す

構文

ts = Simulink.BlockDiagram.getSampleTimes('model')

入力引数

model

Simulink モデルの名前またはハンドル

出力引数

ts

このコマンドは ts を返します。これはモデルに関連付けられている Simulink.SampleTime オブジェクトの 1xn 配列で、Simulink.BlockDiagram.getSampleTimes に渡されるものです。n はそのブロック線図に関連付けられているサンプル時間数です。戻り値の形式は以下のとおりです。

1xn Simulink.SampleTime
Package: Simulink

value: [1x2 double] Description: [char string] ColorRGBValue: [1x3 double] Annotation: [char string] OwnerBlock: [char string] ComponentSampleTimes: [1x2 struct]
Methods
  • value — サンプル時間とオフセットを含む 2 つの double の要素。

  • Description — サンプル時間のタイプを記述する文字列。

  • ColorRGBValue — サンプル時間の色の値 (RGB: 赤、緑、青) を含む 1 行 3 列の double の配列。

  • Annotation — サンプル時間の注釈 ('D1' など) を表す文字列。

  • OwnerBlock — そのサンプル時間を制御するブロックへの絶対パス文字列。非同期と可変のサンプル時間用です。他のタイプのサンプル時間では空の文字列になります。

  • ComponentSampleTimesSimulink.BlockDiagram.getSampleTimes と同じ型の要素からなる構造体の配列。サンプル時間が非同期の和集合またはハイブリッドでサンプル時間のコンポーネントが使用可能な場合に返されます。

説明

ts = Simulink.BlockDiagram.getSampleTimes('model') は、モデルの更新を行い、次に入力引数 model で指定されたブロック線図に関連付けられているサンプル時間を返します。モデルの更新は、返されるサンプル時間の情報が確実に最新となるようにします。モデル API の呼び出しによって、モデルが既にコンパイル済みの状態になっている場合、ブロック線図の更新は必要ありません。

この方法を使用すると、サンプル時間の凡例内のすべての情報をプログラム内でアクセスできます。

参考

この情報は役に立ちましたか?