ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

BeagleBoard GPIO Write, Overo GPIO Write, PandaBoard GPIO Write, Raspberry Pi GPIO Write

出力として設定された GPIO ピンの論理値の書き込み

ライブラリ

Simulink Support Package for BeagleBoard Hardware

Simulink Support Package for Gumstix Overo Hardware

Simulink Support Package for PandaBoard Hardware

Simulink Support Package for Raspberry Pi Hardware

説明

物理出力として機能するように、ターゲット ハードウェアの GPIO ピンを設定します。

お使いのモデルから GPIO ピンに論理値を送信します。サンプル時間は上流ブロックにより決定されます。

ブロックには boolean の信号を入力することができます。

GPIO ピンの最大電圧を超えないようにしてください。

    警告:   以下のことを行うと、ターゲット ハードウェアが破損する恐れがあります。

    • GPIO ピンをグラウンドにショートする

    • 電圧が高い GPIO ピンを、電圧が低い他の GPIO ピンにショートする

    • GPIO ピンを、最大電圧より高い電圧をもつ電源に接続する

    • High になっている複数の GPIO ピンを同時に駆動して、最大電流を超える電流を流す

ダイアログ

ボード

使用しているボードを選択します。

ターゲット ハードウェアや製品のパッケージ、製品のドキュメンテーションに関する情報が表示されます。

[Board] を変更すると、[GPIO number] の選択状態および [View pin map] のダイアグラムが更新されます。

後で参照するために、ピン配置を印刷することができます。

GPIO 番号

[Board] を選択したら、GPIO のピン番号を選択します。モデル内の複数のブロックで同じ GPIO を使用しないでください。

ターゲット ハードウェアにおける GPIO のピン配置を見るには、[View pin map] ボタンをクリックします。

参考

外部の Web サイトに移動

この情報は役に立ちましたか?