ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

BeagleBoard eSpeak Text to Speech, Overo eSpeak Text to Speech, PandaBoard eSpeak Text to Speech, Raspberry Pi eSpeak Text to Speech

既定のオーディオ デバイス出力用にテキストを音声に変換

ライブラリ

Simulink Support Package for BeagleBoard Hardware

Simulink Support Package for Gumstix Overo Hardware

Simulink Support Package for PandaBoard Hardware

Simulink Support Package for Raspberry Pi Hardware

説明

eSpeak スピーチ シンセサイザーを使用してテキストを音声に変換します。合成された音声は、既定のオーディオ デバイスから出力されます。

入力端子には、変換する ASCII テキストを含む uint8 の配列を入力することができます。 uint8('string').

たとえば、uint8('Hello world')uint8('1 2 3') を入力に送信することができます。[1 2 3] を入力に送信しても正しく動作しません。

このブロックを含むモデルのシミュレーションをターゲット ハードウェアなしで実行する場合、このブロックは処理を行いません。「シミュレーションでブロックがゼロを生成または何もしない」を参照してください。

ダイアログ

ダイアログにはパラメーターはありません。

参考

外部の Web サイトに移動

この情報は役に立ちましたか?