ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

BeagleBoard UDP Send, Overo UDP Send, PandaBoard UDP Send, Raspberry Pi UDP Send

UDP パケットを IP ネットワーク経由で送信

ライブラリ

Simulink Support Package for BeagleBoard Hardware

Simulink Support Package for Gumstix Overo Hardware

Simulink Support Package for PandaBoard Hardware

Simulink Support Package for Raspberry Pi Hardware

説明

リモート IP アドレスとリモート IP ポートのパラメーターで識別されるネットワーク アドレスに UDP パケットを送信します。

    メモ:   UDP を使用してコンピューターと通信する際に問題が発生する場合は、ウイルス対策またはファイアウォールのソフトウェアが UDP トラフィックをブロックしていないか調べてください。ブロッキングが発生している場合、特定の IP ポート番号に対するUDP トラフィックを許可するようにソフトウェアを再設定してください。

ダイアログ

Remote IP address (‘255.255.255.255’ for broadcast)

リモート デバイスの IP ノードのアドレスまたはホスト名を入力

すべてのデバイスに対して UDP メッセージをブロードキャストするには、既定のパラメーター値の '255.255.255.255' を使用します。不要なブロードキャスト トラフィックを発生させないために、この作業は慎重に行ってください。多くの場合、IP ルーターは、'255.255.255.255' に送信されたブロードキャスト UDP パケットをドロップするように設定されています。

Remote IP port

リモート デバイスの IP ポート番号で、1 から 65535 までの値で設定できます。既定値は 25000 です。

参考

|

関連する例

外部の Web サイトに移動

この情報は役に立ちましたか?