ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Model Info

モデル プロパティとモデル中のテキストを表示する

ライブラリ

Model-Wide Utilities

説明

Model Info ブロックは、モデル プロパティとモデルに関するテキストを、ブロックのマスクに表示します。Model Info ブロックのダイアログ ボックスで、そのブロックが表示するテキストの内容と書式が指定できます。ブロックに表示するモデル プロパティを選択できます。ブロック マスクに表示されるテキストで、Simulink® はプロパティ名をモデル内のプロパティの現在の値に置き換えます。

サポートするデータ型

該当なし。

パラメーターとダイアログ ボックス

表示するテキストとプロパティの指定

[Model Info ブロックに表示するテキストを入力] エディット ボックスで、表示するテキストとプロパティを指定します。

  • エディット ボックスで、ブロック マスクに表示するテキストを入力します。既定のテキスト Model Info を編集します。

  • ブロック マスクのモデル プロパティを表示するには、[モデル プロパティ] リストでプロパティを選択して、右矢印ボタンをクリックします。

    ブロックは %<modelpropertyname> 形式のトークンをエディット ボックスに追加します。ブロック マスクが表示するテキストで、Simulink はトークンをプロパティの値に置き換えます。

    1. たとえば、[モデル プロパティ] リストで Model Version を選択して右矢印ボタンをクリックすると、次のトークン、

      %<ModelVersion>

      が右のエディット ボックスに表示されます。

    2. モデル プロパティの前に "Model version is:" といった説明のテキストを追加することもできます。

    3. [適用] または [OK] をクリックすると、Simulink は、次の例のように、モデル エディターでブロック マスクにモデル プロパティの新しいテキストと現在の値を表示します。

      Model version is:
      1.6

    モデル プロパティの詳細は、「バージョン情報プロパティ」を参照してください。

    注意:   モデル プロパティ トークン内で、サードパーティのソース管理ツールのキーワード拡張を使用すると、モデル ファイルを送信するときにファイルが破損する可能性があります。「ソース管理ツールへのモデル ファイルの登録」を参照してください。

モデルを SLX 形式で保存する場合、サードパーティ ツールによるキーワード代入は機能しません。そのようなサードパーティ ツールのキーワード代入からのモデル ファイル内の情報は、MDL ファイルを SLX として最初に保存したときにキャッシュされ、再度更新されることはありません。それ以降、Model Info ブロックは古い情報を表示することになるため、Model Info ブロックからサードパーティ ツールのキーワード代入を削除して必ず最新の情報が表示されるようにしてください。

設定管理プロパティ

[設定管理プロパティ] フィールドは、モデルの MATLAB®[設定] ダイアログ ボックスで、このモデルに前もって外部コンフィギュレーション マネージャーが指定された場合にだけ有効になります。このフィールドには、Model Info ブロックに含めることのできる、外部システムが保守するバージョン管理情報が一覧表示されます。リストに載っているアイテムを含めるには、そのアイテムを選択してから、隣の矢印ボタンをクリックします。

    メモ:   選択された項目は、コンフィギュレーション マネージャーが保守するリポジトリの内部または外部のモデルのチェック後、いったん閉じたモデルを再度開くまで、Model Info ブロックに表示されません。

モデルを SLX 形式で保存する場合、バージョン情報のキーワード代入は利用できず、Model Info ブロックに新しい設定管理プロパティを追加できません。既存の設定管理プロパティについては、ブロックはこの問題を検知し、古くなったバージョン情報を削除して、代わりに次を表示します。"SLX モデル ファイル形式では使用できません"。

ソース管理ツールへのより柔軟なインターフェイスとしては、Model Info ブロックではなく Simulink プロジェクト ツールを使用します。「 Simulink プロジェクト」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?