ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

libinfo

モデルにより参照されるライブラリ ブロックに関する情報を取得

構文

libdata = libinfo('system')
libdata = libinfo('system', constraint1, value1, ...)

説明

libdata = libinfo('system')system とその下のすべてのサブシステムによって参照されているライブラリ ブロックの情報を返します。

libdata = libinfo('system', constraint1, value1, ...) は、検索条件 (c1v1 など) で検索を制限します。

入力引数

system

システム。その中でライブラリ ブロックが回帰的に検索されます。

constraint1, value1, ...

検索条件とその値のペア。複数のペアを指定できます。関数 find_system で使用できる検索条件を指定できます。

出力引数

libdata

構造体の配列。system が参照している各ライブラリ ブロックの記述が入ります。各構造体に次のフィールドがあります。

Blockライブラリ ブロックへのリンクのパス
Library参照先ブロックを含むライブラリの名前
ReferenceBlockライブラリ ブロックのパス
LinkStatusライブラリ ブロックへのリンクに関する LinkStatus パラメーターの値

参考

この情報は役に立ちましたか?