ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Level-2 MATLAB S-Function

モデルで Level-2 MATLAB S-Function を使用

ライブラリ

User-Defined Functions

説明

このブロックは、モデルで Level-2 MATLAB® S-Function (「Write Level-2 MATLAB S-Functions」を参照) を使用するためのものです。これを行うためには、モデルにこのブロックのインスタンスを作成します。その後、ブロックのパラメーター ダイアログ ボックスの [S-Function 名] フィールドに Level-2 MATLAB S-Function の名前を入力します。

    メモ:   S-Function ブロックを使用して、ブロックに Level-1 MATLAB S-Function をインクルードします。

Level-2 MATLAB S-Function が任意の追加のパラメーターを定義する場合、ブロックのパラメーター ダイアログ ボックスの [パラメーター] フィールドに入力することができます。MATLAB S-Function により定義される順で、それらの値を評価する MATLAB 表現としてパラメーターを入力します。コンマを使用して、各表現を区切ります。

モデルが Level-2 MATLAB S-Function ブロックを含み、S-Function でエラーが起こる場合、Level-2 MATLAB S-Function ブロックは、ダイアログ ボックスのエラーについての MATLAB スタック トレースの情報を表示します。[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

サポートするデータ型

このブロックの特定のインスタンスの動作を定義する MATLAB ファイルに依存します。

パラメーターとダイアログ ボックス

S-Function 名

このブロックの動作を定義する MATLAB 関数の名前を指定します。MATLAB 関数は、MATLAB S-Function の記述のための Level-2 規格に従う必要があります (詳細は、「Write Level-2 MATLAB S-Functions」を参照)。

[パラメーター]

このブロックのパラメーターの値を指定します。

特性

直接フィードスルー

MATLAB S-Function に依存

サンプル時間

MATLAB S-Function に依存

スカラー拡張

MATLAB S-Function に依存

離散化

MATLAB S-Function に依存

多次元化

あり

ゼロクロッシング

なし

この情報は役に立ちましたか?