ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

findFile

名前を指定して Simulink プロジェクト ファイルを取得

構文

  • file = findFile(proj,fileName)

説明

file = findFile(proj,fileName) は、指定した名前のプロジェクト ファイルを返します。ラベルをクエリしたり、関数 addLabel や 関数 removeLabel を使用したりする前に、ファイルを取得する必要があります。

すべて展開する

名前を指定してファイルを検索

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

findFile を使い、名前を指定してファイルを取得します。ファイルがプロジェクトのルートのサブフォルダーにある場合、そのパスを知る必要があります。

myfile = findFile(proj,'models/AnalogControl.mdl')
myfile = 

  ProjectFile with properties:

      Path: [1x86 char]
    Labels: [1x1 slproject.Label]

または、インデックスでファイルを調べることもできます。1 番目のファイルを取得します。

file = proj.Files(1);

ファイルで何ができるか調べます。

methods(file)
Methods for class slproject.ProjectFile:

ProjectFile          addLabel    removeLabel  findLabel          

または、findLabel を使用して、プロジェクト ファイルをラベルで検索することもできます。

入力引数

すべて展開する

proj - プロジェクトプロジェクト

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインにて Simulink® プロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

fileName - ファイルのパス文字列

検索するファイルのパス (プロジェクトのルート フォルダーの下のサブフォルダーを含む) は文字列として指定されます。

出力引数

すべて展開する

file - プロジェクト ファイルファイル オブジェクト

プロジェクト ファイルはクエリまたは変更可能なファイル オブジェクトとして返されます。

参考

MATLAB 関数

この情報は役に立ちましたか?