ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

export

Simulink プロジェクトを zip にエクスポートする

構文

  • export(proj,zipFileName)
  • export(proj,zipFileName,definitionType)

説明

export(proj,zipFileName) は、proj プロジェクトを zipFileName で指定された zip ファイルにエクスポートします。この zip アーカイブには、プロジェクトのファイル、構造、ラベル、ショートカットが保存されます。ソース管理情報は保存されません。この zip アーカイブを使用すると、自分のソース管理リポジトリにアクセスできない顧客やサプライヤー、同僚にプロジェクトを送信することができます。受信側のユーザーは、Simulink® プロジェクトツールにて [新規作成][Simulink プロジェクト][アーカイブから] を選択すると、zip アーカイブから新規プロジェクトを作成できます。

export(proj,zipFileName,definitionType) は、プロジェクト定義ファイル (1 つまたは複数) に対して definitionType で指定された定義を使用して、プロジェクトをエクスポートします。definitionType を指定しない場合、プロジェクトの現在の設定が使用されます。プロジェクト定義ファイル管理のタイプをプロジェクトの作成時の選択から変更する場合は、definitionType エクスポートオプションを使用します。

すべて展開する

プロジェクトを zip ファイルにエクスポートする

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

プロジェクトを zip ファイルにエクスポートします。

export(proj,'airframeproj.zip')

入力引数

すべて展開する

proj - プロジェクトプロジェクト オブジェクト

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインにて Simulink プロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

zipFileName - zip ファイル名またはパス文字列

zip ファイル名またはパスです。ファイル拡張子 .zip で終わる文字列で指定します。zipFileName がファイル名の場合、 Simulink はそのファイルを現在のフォルダーにエクスポートします。絶対パスを指定することもできます。

例: 'project.zip'

definitionType - 定義ファイルのタイプslproject.DefinitionFiles.SingleFile | slproject.DefinitionFiles.MultiFile

定義ファイルのタイプ。slproject.DefinitionFiles.SingleFile または slproject.DefinitionFiles.MultiFile として指定。プロジェクト定義ファイル管理のタイプをプロジェクトの作成時の選択から変更する場合は、definitionType エクスポート オプションを使用します。MultiFile は共有プロジェクトでのマージの問題を避けるのにより適しています。SingleFile のほうが高速ですが、2 人のユーザーの両方が同じプロジェクト内でソース管理ツールに変更を加える場合に、マージの問題が発生しがちです。

例: export(proj,'proj.zip',slproject.DefinitionFiles.SingleFile)

この情報は役に立ちましたか?