ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Enumerated Constant

列挙型の定数値の生成

ライブラリ

Sources

説明

Enumerated Constant ブロックは、列挙値のスカラー、配列、または行列を出力します。Constant ブロックを使用して列挙値を出力できますが、[出力の最小値] および [出力の最大値] などの列挙型に適用されないブロック パラメーターを提供します。定数列挙値だけを出力するブロックが必要な場合は、Constant ではなく Enumerated Constant を使用することをお勧めします。詳細は、「Simulink 列挙値について」を参照してください。

サポートするデータ型

Enumerated Constant ブロックがサポートするのは列挙型データだけです。その他の型の定数データを出力するには、Constant ブロックを使用してください。詳細は、「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

Enumerated Constant ブロックのダイアログ ボックスの初期表示を次に示します。

出力データ型

[出力データ型] フィールドは、ブロックが 1 つまたは複数の値を出力するために使用する列挙型を指定します。初期値の [Enum: SlDemoSign] は、新しくコピーされたブロックがエラーを発生させるのを防止するダミー列挙型です。目的の列挙型を指定するには、プルダウンから選択するか、[出力データ型] フィールドに「Enum: ClassName」と入力します (ClassName は型を定義する MATLAB® クラスの名前です)。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

[値] フィールドは、ブロックが出力する値を指定します。ブロックの出力は、[値] パラメーターと同じ次元と要素をもちます。初期値の [SlDemoSign.Positive] は、新しくコピーされたブロックがエラーを発生させるのを防止するダミー列挙値です。

目的の列挙値を指定するには、プルダウンから選択するか、目的の結果として評価される MATLAB 式 (調整可能なパラメーターを使用する式を含む) を入力します。指定するすべての値は、[出力データ型] で指定した型である必要があります。列挙型の各値を含む配列を指定するには、関数 enumeration を使用します。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

サンプル時間

シミュレーション中に (たとえば、[定数値] パラメーターの調整結果として) Constant ブロックの出力が変化する時間間隔を指定します。

設定

既定の設定: inf

この設定はブロックの出力が変化しないことを示します。この設定は、ブロックの出力を再計算する必要性をなくすことによって、シミュレーションとコードの生成を高速化します。詳細は、「 サンプル時間の指定」を参照してください。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

特性

直接フィードスルー

N/A

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

なし

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

なし

この情報は役に立ちましたか?