ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Discrete Filter

無限インパルス応答 (IIR) フィルターのモデル化

ライブラリ

Discrete

説明

Discrete Filter ブロックは、指定したデジタル IIR フィルターで各入力信号のチャンネルを個別にフィルター処理します。フィルター構造に Direct form IDirect form I transposedDirect form IIDirect form II transposed の 1 つを指定できます。ブロックは、固定係数をもつ静的フィルターを実現します。また、これらの静的フィルターの係数は調整することができます。

このブロックは、時間とともに入力信号の各チャンネルに個々にフィルターをかけます。[入力処理] パラメーターを使用して、ブロックが入力の各要素を処理する方法を指定できます。入力要素を独立したチャンネル (サンプル ベース処理) として扱うか、入力の各列を独立したチャンネル (フレーム ベース処理) として扱うかを指定できます。フレームベースの処理を実行するには、DSP System Toolbox™ のライセンスがなければなりません。

[分子係数] パラメーターのフィルター タップの行列を指定した場合を除き、出力の次元は入力の次元と等価です。指定した場合は、その出力の次元は指定する別のフィルター タップのセット数に従います。

[分子係数] パラメーターを使用して、Discrete フィルターの分子多項式の係数を指定します。[分母係数] パラメーターを使用して、関数の分母多項式の係数を指定します。[分母係数] パラメーターは、係数のベクトルでなければなりません。

z-1 の昇ベキの順で分子多項式と分母多項式の係数を指定します。Discrete Filter ブロックを使うと、z-1 (遅れ演算子) の多項式を使用して、離散システムを表すことができます。これは信号処理技術者が一般的に使用する方法です。一方、Discrete Transfer Fcn ブロックを使うと、z の多項式を使用して、離散システムを表すことができます。これは制御技術者が一般的に使用する方法です。分子多項式と分母多項式の長さが同じ場合、2 つの方法は等しくなります。

初期状態の指定

[ダイアログ] および [入力端子] モードでは、既定の設定により内部フィルターの状態はゼロに設定されています。これは過去の入力および出力がゼロであると仮定することに相当します。オプションの [初期状態] パラメーターを選択すると、フィルター遅延の初期状態に非ゼロを指定できます。

初期状態に指定しなければならない数値や、その指定方法に関しては、以下の「入力可能な初期状態」の表および「遅延要素数 (フィルター状態)」を参照してください。[初期状態] パラメーターは次の表に記述されている 4 つの形式のうちの 1 つになります。

入力可能な初期状態

初期状態説明

スカラー

5

各チャンネルの各遅延要素は 5 に設定されています。

フィルターのすべての遅延要素がスカラー値に初期化されます。

ベクトル
(同一の遅延要素を各チャンネルに適用)

2 つの遅延要素があるフィルターの場合:[d1 d2]

すべてのチャンネルでの遅延要素が d1 および d2。

各ベクトル要素が、対応する遅延要素に対して一意の初期状態を指定します。ブロックは初期状態と同じベクトルを入力信号の各チャンネルに適用します。ベクトル長は、フィルター内の遅延要素の数と一致しなければなりません (「遅延要素数 (フィルター状態)」の表のとおり)。

ベクトルまたは行列
(個々の遅延要素を各チャンネルに適用)

3 チャンネルの入力信号および 2 つの遅延要素のフィルターの場合:

[d 1 d2 D1 D2 d1 d2] または

  • チャンネル 1 における遅延要素は d1 および d2

  • チャンネル 2 における遅延要素は D1 および D2

  • チャンネル 3 における遅延要素は d1 および d2

ベクトルや行列の各要素は、対応するチャンネルの対応する遅延要素に固有な初期状態を指定します。

  • ベクトルの長さは、フィルターの入力チャンネル数および遅延要素数の積と等しくなければなりません (「遅延要素数 (フィルター状態)」の表のとおり)。

  • 行列はフィルターの遅延要素数と同じ行数をもち (「遅延要素数 (フィルター状態)」の表のとおり)、入力信号の各チャンネルに対して 1 つの列をもたなければなりません。

空行列

[ ]
各チャンネルの各遅延要素は 0 に設定されています。

空行列、[][初期状態] パラメーターをスカラー値 0 に設定することと同じです。

入力チャンネルごとの遅延要素数 (フィルター状態) は、次の表に示すようにフィルター構造に依存します。

遅延要素数 (フィルター状態)

フィルター構造チャンネルごとの遅延要素数

[直接型 I]
[直接型 I 転置構成]

  • number of zeros - 1

  • number of poles - 1

[直接型 II]
[直接型 II 転置構成]

max(number of zeros, number of poles)-1

以下の各表はさまざまな入力サイズとチャンネル数での有効な初期状態を説明しています。これらの表は、[入力処理] パラメーターの設定がフレームベースかサンプルベースかによって対応する情報を示しています。

フレームベースの処理

入力チャネル数有効な初期状態 (ダイアログ ボックス)有効な初期状態 (入力端子)
  • 列ベクトル (K 行 1 列)

  • 方向性をもたないベクトル (K)

1
  • スカラー

  • 列ベクトル (M 行 1 列)

  • 行ベクトル (1 行 M 列)

  • スカラー

  • 列ベクトル (M 行 1 列)

  • 行ベクトル (1 行 N 列)

  • 行列 (K 行 N 列)

N
  • スカラー

  • 列ベクトル (M 行 1 列)

  • 行ベクトル (1 行 M 列)

  • 行列 (M 行 N 列)

  • スカラー

  • 行列 (M 行 N 列)

サンプルベースの処理

入力チャネル数有効な初期状態 (ダイアログ ボックス)有効な初期状態 (入力端子)
  • スカラー

1
  • スカラー

  • 列ベクトル (M 行 1 列)

  • 行ベクトル (1 行 M 列)

  • スカラー

  • 列ベクトル (M 行 1 列)

  • 行ベクトル (1 行 M 列)

  • 行ベクトル (1 行 N 列)

  • 列ベクトル (N 行 1 列)

  • 方向性をもたないベクトル (N)

N
  • スカラー

  • 列ベクトル (M 行 1 列)

  • 行ベクトル (1 行 M 列)

  • 行列 (M 行 N 列)

  • スカラー

  • 行列 (K 行 N 列)

K×N
  • スカラー

  • 列ベクトル (M 行 1 列)

  • 行ベクトル (1 行 M 列)

  • 行列 (M 行 (K×N) 列)

  • スカラー

[初期状態] がスカラーのとき、ブロックはすべてのフィルター状態を同じスカラー値に初期化します。すべての状態をゼロに初期化するには、0 を入力します。[初期状態] がベクトルか行列の場合、ベクトルや行列の各要素は、対応する一意の初期状態を示します。この一意の状態は対応するチャンネルの遅延要素に対応します。

  • ベクトル長は、フィルター内の遅延要素の数と一致する必要があります (M = max(number of zeros, number of poles))。

  • 行列は、フィルター内の遅延要素の行数と一致する必要があります (M = max(number of zeros, number of poles))。さらに行列には、入力信号のチャンネルごとに 1 列必要です。

次の例は、初期のフィルター出力と、初期の入力および状態間の関係を示しています。初期入力が u1 の場合、最初の出力 y1 は、以下によって初期状態 [x1, x2] および初期入力に関連付けられます。

ベクトルの初期状態の設定の例として以下を参照してください。

  • ex_discretefilter_nonzero_icex_discretefilter_nonzero_ic モデルをクリックするか、MATLAB® コマンド プロンプトでこのモデルを入力してください。

  • [Discrete Filter ブロック] をダブルクリックし、パラメーターを設定します。以下に Discrete Filter ブロックの初期状態を [1 2] に設定する方法を示します。

  • モデルのシミュレーションを実行するには、緑色のシミュレーション アイコンを左クリックします。

  • スコープをダブルクリックします。Discrete Filter ブロックでフィルター処理された信号とフィルターの基本ブロックからの信号の差が 0 であることがわかります。

    これは Discrete Filter ブロックの初期状態を [1 2] のベクトルとして入力できることを示します。最初の Unit Delay の初期状態を 1 に、2 番目の Unit Delay の初期状態を 2 に設定することもできます。出力結果は同じになります。

サポートするデータ型

Discrete FIR Filter ブロックでは、Simulink® がサポートする任意の符号付き数値データ型の実数と複素数信号を受け入れ、出力します。このブロックは、分子と分母の係数に同じタイプをサポートします。

分子係数と分母係数は同じ複素数でなければなりません。語長と小数部の長さは異なってもかまいません。

次の図は、固定小数点信号に対して Discrete Filter ブロックを使用したフィルター構造とデータ型を示します。

[最初の分母係数 (a0) を正規化することで最適化する] パラメーターを選択すると、このブロックは破線の分岐線を省略します。

パラメーターとダイアログ ボックス

[Discrete Filter ブロック] ダイアログ ボックスの [メイン] ペインは、次のように表示されます。

分子

離散フィルターの分子係数。係数を指定するために、[Source][ダイアログ] に設定します。次に、z の降べき順として [値] に係数を入力します。単独の分子多項式に対する係数を指定するために行ベクトルを使用します。

分母

離散フィルターの分母係数。係数を指定するために、[ソース][ダイアログ] に設定します。次に、z の降べき順として [値] に係数を入力します。単独の分母多項式に対する係数を指定するために行ベクトルを使用します。

初期状態

[ソース][ダイアログ] の場合、[値] にフィルター状態の初期状態を指定します。初期状態の指定方法については、「初期状態の指定」を参照してください。

[Source][入力端子] の場合、[値] を指定する必要はありません。

外部リセット

状態を初期条件にリセットするために使用するトリガー イベントを指定します。

リセット モード動作
なしリセットなし。
立ち上がり立ち上がりエッジでリセットします。
立ち下がり立ち下がりエッジでリセットします。
両方立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジのいずれかでリセットします。
レベル次のいずれかの場合にリセットします。
  • 現在のタイム ステップで非ゼロがある場合

  • 以前のタイム ステップでの非ゼロから現在のタイム ステップでの 0 までタイム ステップ値が変化する場合

レベル保持現在のタイム ステップで非ゼロの場合にリセットします。

リセット信号は、singledoubleboolean または integer 型のスカラーでなければなりません。ufix1 以外の固定小数点データ型はサポートされません。

入力処理

ブロックでサンプルベースかフレームベースのどちらの処理を実行するかを指定します。

  • [チャンネルとしての要素 (サンプル ベース)] — 入力の各要素を独立したチャンネルとして処理します。

  • [チャンネルとしての列 (フレーム ベース)] — 入力の各列を独立したチャンネルとして処理します。

      メモ:   フレームベースの処理には、DSP System Toolbox のライセンスが必要になります。

      詳細は、DSP System Toolbox ドキュメンテーションの「Sample- and Frame-Based Concepts」を参照してください。

最初の分母係数 (a0) を正規化することで最適化する

最初の分母係数 a0 が 1 と等しい場合に選択します。このパラメーターでコードを最適化できます。

このチェック ボックスをオンにした場合、ブロックはシミュレーションまたは生成コードのいずれでも a0 による除算を実行しません。a0 が 1 ではない場合にエラーが発生します。

このチェック ボックスをオフにすると、ブロックはシミュレーション中に完全に調整可能になります。シミュレーションとコード生成の両方で a0 による除算を実行します。

サンプル時間

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。「 サンプル時間の指定」を参照してください。

[Discrete Filter ブロック] ダイアログ ボックスの [データ型] ペインは、次のように表示されます。

状態

状態のデータ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:入力と同じ])

  • 組み込み整数 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[状態] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

分子係数

分子係数のデータ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:内部ルールによる継承])

  • 組み込み整数 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[分子係数] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

分子係数の最小値

分子係数の最小値を指定します。既定値は [] (指定なし) です。Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

分子係数の最大値

分子係数の最大値を指定します。既定値は [] (指定なし) です。Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

分子係数の乗算出力

分子係数の乗算出力データ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:内部ルールによる継承])

  • 組み込みデータ型 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[分子係数の乗算出力] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

分子係数のアキュムレータ

分子係数のアキュムレータのデータ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:内部ルールによる継承])

  • 組み込みデータ型 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[分子係数のアキュムレータ] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

分母係数

分母係数のデータ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:内部ルールによる継承])

  • 組み込み整数 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[分母係数] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

分母係数の最小値

分母係数の最小値を指定します。既定値は [] (指定なし) です。Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

分母係数の最大値

分母係数の最大値を指定します。既定値は [] (指定なし) です。Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

分母係数の乗算出力

分母係数の乗算出力データ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:内部ルールによる継承])

  • 組み込みデータ型 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[分母係数の乗算出力] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

分母係数のアキュムレータ

分母係数のアキュムレータのデータ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:内部ルールによる継承] の場合は同じです。

  • 組み込みデータ型 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[分母係数のアキュムレータ] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

出力

出力データ型を指定します。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • データ型継承ルール (例: [継承:内部ルールによる継承] の場合は同じです。

  • 組み込みデータ型 (例: int8)

  • データ型オブジェクト (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[出力] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、「ブロックの出力データ型の指定」を参照してください。

出力の最小値

ブロックが出力する最小値を指定します。既定値は [] (指定なし) です。Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

出力の最大値

ブロックが出力する最大値を指定します。既定値は [] (指定なし) です。Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

[固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする]

固定小数点ツールや固定小数点アドバイザーによる変更を避けるために、このブロックのすべてのデータ型の設定をロックします。詳細は、Fixed-Point Designer™ ドキュメンテーションの「出力データ型設定のロック」を参照してください。

整数丸めモード

固定小数点演算の丸めモードを指定します。詳細は、Fixed-Point Designer ドキュメンテーションの「丸め」を参照してください。

整数オーバーフローで飽和
アクションこのアクションを行う理由オーバーフロー発生時に起きること

このチェック ボックスをオンにする。

モデルでオーバーフローが発生する可能性があるので、生成コードに飽和保護を明示的に組み込むことをお勧めします。

オーバーフローは、データ型が表現できる最小値または最大値のいずれかに飽和します。

int8 (符号付き、8 ビット整数) データ型が表すことができる最大値は 127 です。この最大値を超えるブロックの演算結果により 8 ビット整数のオーバーフローが発生します。チェック ボックスがオンになっていると、ブロック出力は 127 で飽和します。同様に、ブロック出力は最小出力値である -128 で飽和します。

このチェック ボックスをオンにしない。

生成コードの効率を最適化することをお勧めします。

ブロックが範囲外の信号を処理する方法を指定しすぎないようにすることをお勧めします。詳細は、「信号範囲のエラーのチェック」を参照してください。

オーバーフローは、データ型によって表現される適切な値にラップされます。

int8 (符号付き、8 ビット整数) データ型が表すことができる最大値は 127 です。この最大値を超えるブロックの演算結果により 8 ビット整数のオーバーフローが発生します。チェック ボックスをオフにすると、オーバーフローを引き起こした値は int8 として解釈され、意図しない結果が引き起こされる可能性があります。たとえば、int8 として表されるブロック結果 130 (バイナリで 1000 0010) は -126 です。

このチェック ボックスをオンにすると、飽和は出力や結果だけでなく、このブロックの内部演算すべてに適用されます。通常、オーバーフローが可能ではない場合は、コード生成プロセスで検出されます。この場合、コード ジェネレーターでは飽和コードは生成されません。

[Discrete Filter ブロック] ダイアログ ボックスの [状態属性] ペインは、次のように表示されます。

状態名

ブロックの状態に固有名を割り当てるにはこのパラメーターを使用します。既定の設定は、' ' です。このフィールドが空白のままの場合、名前は割り当てられません。このパラメーターを使用する場合、以下のことを考慮してください。

  • 有効な識別子は英字またはアンダースコア文字で始まり、英数字またはアンダースコア文字が続きます。

  • 状態名は選択されたブロックに対してのみ適用されます。

このパラメーターを設定し、[適用] ボタンをクリックすると、[状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける] が有効になります。

詳細は、Simulink Coder™ ドキュメンテーションの「状態」を参照してください。

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

状態名が Simulink 信号オブジェクトに関連付けられるようにするには、このチェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスは、既定の設定ではオフになっています。

[状態名] によって、このパラメーターが有効になります。

このチェック ボックスをオンにすると、[コード生成ストレージ クラス] が無効になります。

パッケージ

適用するカスタム ストレージ クラスを定義するパッケージを選択します。自分自身のパッケージを定義している場合は、[更新] をクリックします。この操作によりパッケージ リストへの検索パスにすべてのユーザー定義パッケージを追加します。

コード生成ストレージ クラス

状態に対してカスタム ストレージ クラスを選択します。

既定の設定: 自動

自動

[Auto] は、外部コードのインターフェイスを必要としない状態に対して適切なストレージ クラスです。

SimulinkGlobal

model_P は、ワークスペース内の対応する値に状態を初期化します。

ExportedGlobal

状態はグローバル変数に格納されます。

ImportedExtern

model_private.h は、状態を外部変数として宣言します。

ImportedExternPointer

model_private.h は、状態を外部ポインターとして宣言します。

既定の設定

編集不可能なプレースホルダ ストレージ クラスが作成されています。

BitField

struct 宣言は Boolean データを組み込むように作成されています。

Volatile

Volatile 型修飾子は状態宣言に使用されます。

ExportToFile

グローバル変数宣言を含むヘッダー (.h) ファイルは、ユーザー指定の名前で生成されます。

ImportFromFile

グローバル変数宣言を含む事前定義されたヘッダー (.h) ファイルが含まれています。

FileScope

状態宣言の前に静的な修飾子が生成され、状態を現在のファイルだけに表示できるようにします。

Struct

struct 宣言は、パラメーターまたは信号オブジェクト データをカプセル化するために作成されます。

StructVolatile

Volatile 型修飾子は struct 宣言に使用されます。

GetSet

メモリの読み取りと書き込みを行う特殊な関数呼び出しをサポートします。

[状態名] によって、このパラメーターが有効になります。

有効なストレージ クラスのリストは [パッケージ] の選択によって異なります。

このパラメーターを [ExportedGlobal][ImportedExtern]、または [ImportedExternPointer] に設定すると、[コード生成ストレージ型修飾子] が有効になります。

コード生成ストレージ型修飾子

Simulink Coder ストレージ型修飾子を指定します。既定の設定は、' ' です。このフィールドが空白のままの場合、修飾子は割り当てられません。

Simulink Coder 製品はこの文字列のエラーをチェックしません。したがって、入力する値が変数宣言に自動的に表示されます。

[コード生成ストレージ クラス][ExportedGlobal][ImportedExtern]、または [ImportedExternPointer] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

シミュレーション時、このブロックは次の値を使用します。

  • 状態名が関係付けられる信号オブジェクトの初期値

  • 信号オブジェクトの最大値と最小値

詳細は、Simulink Coder ドキュメンテーションの「状態」を参照してください。

特性

直接フィードスルー

先頭の分母係数がゼロと等しくない場合のみ

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

初期条件により、あり

状態数

初期状態の指定」を参照してください。

離散化

あり

ゼロクロッシング検出

なし

フィルターの構造図

次の節の図は Digital Filter ブロックでサポートされているフィルター構造を示します。これらの図は固定小数点信号のフィルター構造で使用されるデータ型についても示します。これらの図で示される係数、出力、アキュムレータ、乗算出力、状態のデータ型をブロックのダイアログで設定できます。

IIR 直接型 I

このフィルター構造で固定小数点信号を処理する場合、次の制約があります。

  • 入力は、実数または複素数を受け入れます。

  • 分子係数および分母係数は実数または複素数です。

  • 分子係数と分母係数は同じ実数/複素数の特性をもたなければなりません。

    • 分子係数と分母係数が入力端子を使用して指定され、互いに異なる実数/複素数をもっている場合、エラーになります。

    • 分子係数と分母係数がダイアログ ボックスで指定され、互いに異なる実数/複素数をもつ場合は、ブロックのエラーは発生しません。代わりに、2 セットの複素係数が与えられた場合と同様にフィルターを処理します。実数値係数のセットは、値がゼロの虚数部をもつ複素数ベクトルと同様に扱われます。

  • 分子係数と分母係数は同じ語長でなければなりません。小数部の長さは異なってもかまいません。

  • 状態のデータ型はこの構造のブロック マスク上では指定できません。入力状態および出力状態が入力バッファーおよび出力バッファーと同じデータ型であるため、この指定は不可能です。

IIR 直接型 I 転置構成

このフィルター構造で固定小数点信号を処理する場合、次の制約があります。

  • 入力は、実数または複素数を受け入れます。

  • 分子係数および分母係数は実数または複素数です。

  • 分子係数と分母係数は同じ実数/複素数の特性をもたなければなりません。

    • 分子係数と分母係数が入力端子を使用して指定され、互いに異なる実数/複素数をもっている場合、エラーになります。

    • 分子係数と分母係数がダイアログ ボックスで指定され、互いに異なる実数/複素数をもつ場合は、ブロックのエラーは発生しません。代わりに、2 セットの複素係数が与えられた場合と同様にフィルターを処理します。実数値係数のセットは、値がゼロの虚数部をもつ複素数ベクトルと同様に扱われます。

  • 入力または係数が複素数である場合は、状態も複素数になります。

  • 分子係数と分母係数は同じ語長でなければなりません。小数部の長さは異なってもかまいません。

IIR 直接型 II

このフィルター構造で固定小数点信号を処理する場合、次の制約があります。

  • 入力は、実数または複素数を受け入れます。

  • 分子係数および分母係数は実数または複素数です。

  • 分子係数と分母係数は同じ実数/複素数の特性をもたなければなりません。

    • 分子係数と分母係数が入力端子を使用して指定され、互いに異なる実数/複素数をもっている場合、エラーになります。

    • 分子係数と分母係数がダイアログ ボックスで指定され、互いに異なる実数/複素数をもつ場合は、ブロックのエラーは発生しません。代わりに、2 セットの複素係数が与えられた場合と同様にフィルターを処理します。実数値係数のセットは、値がゼロの虚数部をもつ複素数ベクトルと同様に扱われます。

  • 入力または係数が複素数である場合は、状態も複素数になります。

  • 分子係数と分母係数は同じ語長でなければなりません。小数部の長さは異なってもかまいません。

IIR 直接型 II 転置構成

このフィルター構造で固定小数点信号を処理する場合、次の制約があります。

  • 入力は、実数または複素数を受け入れます。

  • 分子係数および分母係数は実数または複素数です。

  • 分子係数と分母係数は同じ実数/複素数の特性をもたなければなりません。

    • 分子係数と分母係数が入力端子を使用して指定され、互いに異なる実数/複素数をもっている場合、エラーになります。

    • 分子係数と分母係数がダイアログ ボックスで指定され、互いに異なる実数/複素数をもつ場合は、ブロックのエラーは発生しません。代わりに、2 セットの複素係数が与えられた場合と同様にフィルターを処理します。実数値係数のセットは、値がゼロの虚数部をもつ複素数ベクトルと同様に扱われます。

  • 入力または係数が複素数である場合は、状態も複素数になります。

  • 分子係数と分母係数は同じ語長でなければなりません。小数部の長さは異なってもかまいません。

サポートされているデータ型

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 固定小数点 (符号付きのみ)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

参考

Allpole FilterDSP System Toolbox
Digital Filter DesignDSP System Toolbox
Digital FilterDSP System Toolbox
Discrete FIR FilterSimulink
Filter Realization WizardDSP System Toolbox
dsp.IIRFilterDSP System Toolbox
dsp.AllpoleFilterDSP System Toolbox
fdatoolDSP System Toolbox
fvtoolSignal Processing Toolbox

この情報は役に立ちましたか?