ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

disableimplicitsignalresolution

信号を明示的に決めるためにモデルを変換する

構文

retVal = disableimplicitsignalresolution('model')
retVal = disableimplicitsignalresolution('model', displayOnly)

説明

retVal = disableimplicitsignalresolution('model') は、モデルを入力し、暗黙的に信号オブジェクトとして関連付けられるすべての信号と状態をレポートし、明示的に関連付けが必要な信号と状態のみを関連付けるためにモデルに変換します。レポートと変更箇所はそのモデル自体に制限され、ライブラリ リンクのブロックは含まれません。

この関数を実行する前に、関連するすべての Simulink® データ オブジェクトがベース ワークスペースで定義されていることを確認してください。この関数は、他の場所で定義されたデータ オブジェクトを無視します。

この関数は model をスキャンし、信号オブジェクトとして暗黙に解決される信号や状態へのハンドル構造体を返し、model に対して次の操作を行います。

  • Simulink 信号オブジェクトを決めるすべての出力端子とブロックの状態を調べる。

  • 信号オブジェクトを今後解決するために、これらの端子とブロックを修正する。

  • モデルの SignalResolutionControl パラメーターを 'UseLocalSettings' に設定する (GUI: [明示的のみ])。

  • 任意の Stateflow® 出力データが Simulink 信号オブジェクトを決める場合は以下になります。

    • Stateflow チャート内からの信号オブジェクトの階層的なスコーピングをオフにする

    • Stateflow チャートの出力信号を明示的にラベル付けする

    • この信号の信号オブジェクトを今後解決する。

disableimplicitsignalresolution によって行われた変更は、モデルを永久に変更します。既定の displayOnly で、または false を指定して関数を呼び出す前に、モデルをバックアップするようにしてください。

retVal = disableimplicitsignalresolution('model', displayOnly) は、displayOnlyfalse の場合、disableimplicitsignalresolution(model) と等価です。

displayOnlytrue の場合、この関数は暗黙的に信号オブジェクトとして解決される信号と状態のハンドル構造体を戻しますが、モデルは変更されません。

入力引数

displayOnly

Boolean。モデルを変更する (false) か、レポートを生成する (true) かを指定します。

既定値: false

model

モデル名またはハンドル

出力引数

retVal

以下を含む MATLAB® 構造体

Signals信号オブジェクトとして解決される信号名をもつ端子のハンドル
States信号オブジェクトとして解決される状態をもつブロックへのハンドル

参考

この情報は役に立ちましたか?