ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Demux

ベクトル信号の出力要素の抽出

ライブラリ

Signal Routing

説明

Demux ブロックは入力信号の成分を抽出し、成分を個別の信号として出力します。出力信号は出力端子の上から下へ並べられます。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、「ブロックの回転方法」を参照してください。モデルが煩雑にならないように、Simulink® ライブラリからモデルにコピーするときに、Simulink は Demux ブロックの名前を非表示にします。ベクトルの作成と分解の詳細は、「Mux 信号」を参照してください。

[出力の数] パラメーターによって、各出力端子の数と (オプションで) 次元を指定することができます。出力の次元を指定しなかった場合は、ブロックが出力の次元を自動的に決めます。

Demux ブロックは、[バス選択モード] パラメーターが選択されているかどうかによって、ベクトル選択モードまたはバス選択モードで動作します。2 つのモードは、受け入れる信号のタイプに違いがあります。ベクトルモードは、ベクトル信号、すなわちスカラー (1 要素配列)、ベクトル (1 次元配列)、または行ベクトルあるいは列ベクトル (1 行または 1 列の 2 次元配列) のみを受け入れます。バス選択モードはバス信号のみを受け入れます。

    メモ:   MathWorks は Demux ブロックの [バス選択モード] を有効にして、バスの信号要素を抽出することは推奨しません。新規モデルで Mux とバスを両方使用することはできません。詳細は、「バスと Mux の混在の防止」を参照してください。

[出力の数] パラメーターは、ブロックの動作モードに応じて、ブロック出力数と次元数を決めます。

ベクトル モードでの出力数の指定

ベクトル モードでのパラメーター値は、出力数を示すスカラー、または各要素がブロックの出力端子幅を示すベクトルになります。ブロックは、入力信号のサイズと [出力数] パラメーター値から出力のサイズを決めます。

次の表は、幅 n の入力ベクトルの出力をまとめています。

パラメーター値ブロック出力...コメント

p = n

p 個のスカラー値

たとえば入力が 3 要素ベクトルの場合、3 つの出力を指定すると、ブロックは 3 つのスカラー信号を出力します。

p > n

エラー

 

p < n

n mod p = 0

それぞれが n/p 要素をもつ p 個のベクトル信号

入力が 6 要素ベクトルの場合、3 つの出力を指定すると、ブロックは 3 つの 2 要素ベクトルを出力します。

p < n

n mod p = m

それぞれが (n/p)+1 要素をもつ m 個のベクトル信号と n/p 要素をもつ p-m 信号

入力が 5 要素ベクトルの場合、3 つの出力を指定すると、ブロックは 2 つの 2 要素ベクトルと 1 つのスカラー信号を出力します。

[p1 p2 ... pm]

p1+p2+...+pm=n

pi > 0

p1, p2, ... pm をもつ m ベクトル信号

入力が 5 要素ベクトルの場合、出力として [3, 2] を指定すると、ブロックは入力要素の 3 つを一方の端子に、他の 2 つの要素をもう一方の端子に出力します。

[p1 p2 ... pm]

p1+p2+...+pm=n

some or all

pi = -1

m 個のベクトル信号

pi がゼロより大きい場合、対応する出力の幅は pi です。pi が -1 の場合、対応する出力の幅は動的に決められます。

[p1 p2 ... pm]

p1+p2+...+pm!=n

pi = > 0

エラー

 

入力数より少ない出力数を指定できることに注意してください。この場合、ブロックは次のに示されているように要素をできるだけ均等に分散します。

ベクトル表現で -1 を使用すると、ブロックは対応する端子のサイズを動的に決めます。たとえば、式 [-1, 3 -1] によって、ブロックは 2 番目の信号が常に 3 要素をもつ 3 つの信号を出力するようになります。最初の信号と 3 番目の信号のサイズは入力信号のサイズによって決まります。

ベクトル表現が正の値と -1 からなる場合、ブロックは正の値の端子に必要な数の要素を割り当てて、残りの要素を -1 の端子にできるだけ均等に分配します。たとえば、ブロック入力の幅が 7 要素であり、出力を [-1, 3 -1]. と指定したとします。この場合この場合、ブロックは最初の端子に 2 要素を出力し、2 番目の端子に 3 要素、3 番目の端子に 2 要素を出力します。

バス選択モードでの出力数の指定

バス選択モードでは、[出力の数] パラメーターの値は次のいずれかになります。

  • 出力端子数を指定するスカラー

    指定された値は入力信号の数に等しくなければなりません。たとえばたとえば入力バスが 2 つの信号からなり、このパラメーターの値がスカラーの場合、値は 2 になります。

  • 各要素が対応する出力端子の信号数を指定するベクトル

    たとえば、入力バスが 5 つの信号を含む場合、出力を [3, 2] と指定することができます。この場合、ブロックは入力信号の 3 つを一方の端子に、他の 2 つの信号を 2 番目の端子に出力します。

  • 各要素が対応する出力端子の信号の次元を指定するベクトルのセル配列

セル配列の形式では、Demux ブロックは指定された次元の信号のみを受け入れます。たとえば、セル配列が {{[2 2], 3} {1}} の場合、ブロックは 2 行 2 列の行列、3 要素のベクトル、および 1 つのスカラー信号からなるバス信号のみを受け入れます。セル配列で値 -1 を指定すると、ブロックは特定の出力の次元を入力に基づいて決めます。たとえば、次のではセル配列 {{–1}, {–1,–1}} を使用して、左端の Demux ブロックの出力を指定しています。

バス選択モードでは出力端子の次元を指定した場合 (つまり、-1 以外の値を指定した場合)、対応する入力要素は指定された次元に一致しなければなりません。

    メモ:   MathWorks は Demux ブロックの [バス選択モード] を有効にして、バスの信号要素を抽出することは推奨しません。新規モデルで Mux とバスを両方使用することはできません。詳細は、「バスと Mux の混在の防止」を参照してください。

サポートするデータ型

Demux ブロックは Simulink がサポートする任意のデータ型 (固定小数点データ型と列挙型データも含む) の複素数値または実数値を受け入れ、出力します。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

出力数

出力の数と次元を指定します。

設定

既定の設定: 2

このパラメーターは [バス選択モード] パラメーターにより、処理が変わります。詳細は、ブロックの説明を参照してください。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

詳細は、Demux ブロックのリファレンス ページを参照してください。

表示オプション

Demux ブロックの表示オプションを選択します。次のオプションがあります。

設定

既定の設定: bar

bar

ブロックのボックス内を塗りつぶしたアイコンを表示します。

none

ブロックのタイプ名をボックス内に含めたアイコンを表示します。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

詳細は、Demux ブロックのリファレンス ページを参照してください。

バス選択モード

バス選択モードを有効にします。

設定

既定の設定: オフ

[オン]

バス選択モードを有効にします。

[オフ]

バス選択モードを無効にします。

ヒント

MathWorks は Demux ブロックの [バス選択モード] を有効にして、バスの信号要素を抽出することは推奨しません。新規モデルで Mux とバスを両方使用することはできません。詳細は、「バスと Mux の混在の防止」を参照してください。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

特性

バーチャル

あり

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「バーチャル ブロック」を参照してください。

参考

Mux

この情報は役に立ちましたか?