ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Bus Selector

入力バスの信号を選択

ライブラリ

Signal Routing

説明

Bus Selector ブロックは、入力のバス要素から指定したサブセットを出力します。ブロックは、選択した要素を複数の独立した信号または新しいバスの要素として出力できます。バスの詳細は、以下を参照してください。

ブロックは分割要素を出力する際、ブロックの最上部から最下部へ個々の端子から各要素を出力します。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、「ブロックの回転方法」を参照してください。

    メモ:   Simulink® ライブラリから Bus Selector ブロックをモデルにコピーすると、Bus Selector ブロックの名前は非表示になります。

既定の設定では、Simulink は非バス信号を暗黙的にバス信号に変換して、Bus Assignment ブロックまたは Bus Selector ブロックへの信号の接続をサポートします。Simulink がその変換を行わないようにするには、[モデル コンフィギュレーション パラメーター][診断][接続性] ペインで「バス信号として扱われる非バス信号」診断を [警告][エラー] に設定します。

ライブラリ ブロック内でのこのブロックの使用方法についての詳細は、「バスとライブラリ」を参照してください。

信号の並べ替えまたは削除

Bus Selector ブロック内で選択された信号を再配列するには、[上] または [下] をクリックします。

[バス内信号] リスト内の連続する複数の信号を選択して削除または並べ替えを行うことができます。

バス内のリーフ信号を再配列することはできません。たとえば、バス信号 Bus1 はリスト内で上下に移動できますが、Bus1 のバス要素を再配列することはできません。

ボタンをクリックした後で [適用] をクリックします。

バス配列のサポート

次の Bus Selector ブロックを使用する場合、バスの配列の処理に次の制限が適用されます。バス配列の定義と使用方法の詳細は、「バス配列へのバスの統合」を参照してください。

  • バス信号の配列は、Bus Selector ブロックに接続できません。バス信号の配列を処理するには、まず Selector ブロックを使用して、Bus Selector ブロックと共に使用するバス要素のインデックスを選択します。次に、選択したバス要素と Bus Selector ブロックを一緒に使用します。

  • バスの配列であるサブバスに値を割り当てることはできません。

サポートするデータ型

Bus Selector ブロックは、固定小数点データ型と列挙型データを含め、Simulink ソフトウェアでサポートされるすべてのデータ型の実数値または複素数値を受け入れ、出力します。

Simulink がサポートするデータ型の説明は、「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

Bus Selector ブロックのダイアログ ボックスは、次のように表示されます。

バス内信号

入力バス内の信号を表示します。

設定

ブロックに接続したバスに修正を反映させるには、[更新] をクリックして表示を更新します。

ヒント

  • 出力する信号を選択するには、[選択>>] を使用します。

  • ブロックに入力した信号のソースを検索するには、リスト内の信号を選択して [検索] をクリックします。Simulink ソフトウェアは、その信号のソースを含んでいるサブシステムを開き、ソースのアイコンを強調表示します。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

正規表現を有効にする

信号名をフィルター処理するための MATLAB® 正規表現の使用を有効にします。たとえば、[名前でフィルター] エディット ボックスに「t$」と入力すると、信号名が小文字の t で終了するすべての信号 (およびその直接の親) が表示されます。詳細は、「正規表現」を参照してください。

設定

既定の設定: オン

オン

信号名をフィルター処理するための MATLAB 正規表現の使用を許可します。

オフ

信号名をフィルター処理するための MATLAB 正規表現の使用を無効にします。フィルター処理は、[名前でフィルター] エディット ボックスで入力されたテキストをリテラル文字列として扱います。

依存関係

[名前でフィルター] エディット ボックスの右側にある [オプション] ボタン ( ) をクリックすると、このパラメーターが有効になります。

フィルター処理された結果をフラット リストとして表示する

[名前でフィルター] エディット ボックスの検索テキストに基づいて、フィルター処理された信号のリストを表示するのにフラット リスト形式を使用します。フラット リスト形式では、バス信号の階層を反映するドット表記を使用します。次に示すのは、フィルター処理された一連の入れ子のバス記号に対するフラット リスト形式の例です。

設定

既定の設定: オフ

オン

フラット リスト形式を使用してフィルター処理された信号リストを表示します。このとき、ツリー形式を使用せずにドット表記でバス階層を示します。

オフ

ツリー形式を使用して、フィルター処理されたバス階層を表示します。

依存関係

[名前でフィルター] エディット ボックスの右側にある [オプション] ボタン ( ) をクリックすると、このパラメーターが有効になります。

選択された信号

出力される信号を表示します。

設定

既定の設定: [signal1,signal2]

[アップ]、[ダウン]、[削除] ボタンでリストを変更できます。

ヒント

  • 信号の順序を変更する際、端子との接続は維持されます。

  • [選択された信号] にリストされた出力信号が Bus Selector ブロックへの入力でない場合は、信号名の前に 3 つの疑問符 (???) が表示されます。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

バスとして出力

選択された要素をバスとして出力します。

設定

既定の設定: オフ

[オン]

選択された要素をバスとして出力します。

[オフ]

選択された要素を、それぞれ対応する要素の名前でラベル付けされた出力端子から独立した信号として出力します。

ヒント

  • 出力バスはバーチャルです。非バーチャル バス出力を生成するには、Bus Selector ブロックの後に Signal Conversion ブロックを挿入します。Signal Conversion ブロックの [出力] パラメーターを [非バーチャル バス] に設定し、[データ型] パラメーターを Simulink.Bus バス オブジェクトを使用するように設定します。例は、Signal Conversion のドキュメンテーションを参照してください。

  • [選択された信号] リスト ボックスに 1 つの信号のみが含まれていて [バスとして出力] を有効にした場合は次のようになります。

    • 選択した信号が非バス信号の場合は、非バス信号として扱われます (バス内にラップされません)。

    • 選択した信号がバス信号の場合は、出力はそのバス信号です。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

Bus Selector ブロックの動作の例の詳細は、sldemo_fuelsys モデルを参照してください。Bus Selector ブロックは次のサブシステムに表示されます。

  • fuel_rate_control/airflow_calc

  • fuel_rate_control/validate_sample_time

特性

多次元化

あり

バーチャル

あり。入力バスがバーチャルの場合。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「バーチャル ブロック」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?