ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Assertion

信号がゼロかどうかのチェック

ライブラリ

Model Verification

説明

Assertion ブロックは、入力の信号の要素がゼロかどうかを確認します。すべての要素が非ゼロであった場合、ブロックは処理を行いません。ゼロの要素があった場合、既定の設定では、ブロックはシミュレーションを停止して、エラー メッセージを表示します。ブロック パラメーターのダイアログ ボックスは、以下に使用できます。

  • アサーションが失敗したときはエラー メッセージを表示しますが、シミュレーションを続行できるようにブロックに指定します。

  • アサーションが失敗したときに評価する MATLAB® 式を指定します。

  • アサーションを有効または無効にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [Model Verification ブロックを有効にする] 設定を使用して、モデル内のすべての Assertion ブロックを有効または無効にすることもできます。

Model Verification ライブラリの Assertion ブロックとそのコンパニオン ブロックにより、自己検証型モデルの作成が容易になります。たとえば、モデル検証ブロックを使用して、シミュレーション中に信号が指定された限界を超えないかどうかをテストできます。モデルが正しいことを確認したら、検証ブロックを無効にすることによってエラー チェックをオフにできます。モデルから検証ブロックを物理的に削除する必要はありません。モデルを変更する必要がある場合は、検証ブロックを一時的にオンに戻し、変更によってモデルに不具合が発生していないことを確認できます。

    メモ:   Simulink® Coder™ で生成されたコードによる Model Verification ブロックの処理方法の詳細は、「デバッグ」を参照してください。

サポートするデータ型

Assertion ブロックは、固定小数点データ型を含め、Simulink がサポートする任意の次元と任意の数値データ型の入力信号を受け入れます。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

アサーションを有効にする

このオプションのチェックを外すと、Assertion ブロックは無効になります。すなわち、モデルは Assertion ブロックが存在しないかのように動作します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [データ有効性] 診断ペインの [デバッグ] の設定によって、このオプションの設定に関係なく、モデル内のすべての Assertion ブロックを有効または無効にできます。

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック

アサーションが失敗したときに評価する MATLAB 式を指定します。式は MATLAB ワークスペースで評価されるため、そのワークスペース内の式に使用されるすべての変数を定義します。

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

このチェック ボックスがオンになっている場合、ブロックの入力がゼロのとき、Assertion ブロックはシミュレーションを停止して、シミュレーション診断ビューアーにエラー メッセージを表示します。このチェック ボックスがオンになっていない場合、ブロックは MATLAB コマンド ウィンドウに警告メッセージを表示してシミュレーションを続行します。

サンプル時間 (継承は -1)

サンプル時間ヒットの時間間隔を入力します。または、連続などの他の適切なサンプル時間を指定します。既定の設定では、ブロックはモデル内のコンテキストに基づいてサンプル時間を継承します。詳細は、「サンプル時間」を参照してください。

特性

直接フィードスルー

なし

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

なし

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

なし

この情報は役に立ちましたか?